仕事を知る

「占い師」の仕事内容、占い師になる方法、必要な知識・スキルをなどを紹介!

更新日:

占い師の仕事
占い師は、フリーランスとして活躍しやすい仕事であり、家事育児の合間に占い師の仕事をする人が多くいます。女性にも人気の仕事です。

占い師と聞いてイメージするのは、「占い館」のようなお店や、駅の近くで小さなテーブルと椅子を用意し、お客さんと対面して占いをする人でしょう。しかし占い師の活躍場はそれだけではありません。

また、前世が見えたり、霊的能力がある人でないと占い師になれない、と思っている人もいると思いますが、実際にそういった特殊能力は必要ありません。

ここでは、占い師の仕事内容や占い師になるために資格、スキルは必要なのか、どうすれば占い師になれるのか、といったことを解説していきます。

占い師の仕事内容

占い師に大きく分けて2つのタイプがあります。

1つは冒頭でも紹介した、直接対面して、悩みなどを抱える人にアドバイスをする「占い鑑定士」です。

もう1つは、電話占いやメール占い、占いライターといった、対面以外で活躍する占い師です。

直接対面して占う「占い鑑定士」について

街頭にテーブルと椅子を用意して占いを行う人もいれば、デパートの一角を借りてブースを構えて占いを行う人、店を構えて占いを行う人もいます。

20分○○円といった時間制で料金を設定しいる場合がほとんどです。

占い結果を深く読み解く能力だけでなく、話術や洞察力が必要になります。特に話術は重要で、対面占いで人気が出るか否かは話術にかかっていると言えるほどです。

対面以外の占い師について

その他、電話占い師や占いライターとしても活躍の場があります。

電話占い師は、自宅や電話占いを運営する会社が用意するブースなどに出向いて電話占いをする仕事です。基本的に電話を待って、電話がかかってきたら鑑定がスタートします。

電話占いの場合も話術が重要になるのは言うまでもありません。

メール占いは、鑑定依頼者の悩みと生年月日などの情報を聞いて、占い結果を文章にして伝える仕事です。

占いライターは、インターネット占い、アプリの占い、雑誌の占いコーナーなどに占い結果を提供する仕事です。その他、テレビで毎朝流れている「今日の運勢」などを提供しているのも占い師です。

メール占い、占いライターには必要となるのは文章力です。単に占い結果を文章にするのではなく、表現や言い回しを工夫する能力も大切です。

占い師になるために必要なスキル

占い師のなかには、前世が見えたり、未来が見えたりといった霊的能力を持っている人もいるようですが、基本的にそういった能力がなくても問題ありません。

また、必要な資格はなく「占い師です」と言えば占い師になることができます。

必須となるのは占いの知識です。

東洋占星術(四柱推命、九星など)や西洋占星術(星座を見て占う)、タロットカードや手相、風水、姓名判断など、占いには様々な種類があります。

すべてを習得する必要はありません。実際に著名な占い師のほとんどは、東洋占星術を専門としている人、西洋占星術を専門としている人などです。

その他、対面占い師や電話占い師として活躍したいのであれば、トーク術を身につける必要があります。これは実際に占いを体験してみて学ぶといいでしょう。

占いライターをしたのであれば、ライティングスキルをある程度身につけておく必要があります。占い文章を読んだり、ライティングの本を読んで勉強しましょう。

占いの知識を学ぶ方法

専門書を購入して占星術を学ぶこともできます。

その他、通信講座を受講する、占いの専門学校に通う、占い館で実施されている占い講座に通う、などの方法があります。

通信講座や専門学校については、ケイコとマナブ.netを利用すると便利です。全国講座を一括で検索できます。

その他、近所の占い館で、占い師養成講座を開催していないか調べてみましょう。有名占い師が先生となる場合もあり、貴重な経験ができます。

占い師になる方法

対面占い師になる方法

占いの知識を身につけた後は、鑑定場所を用意すれば対面占い師になることができます。

街頭やデパートの一角、占い館など、鑑定場所さえ用意できれば、後は自分の実力次第です。

その他、占い師のアシスタントを経て独立する人もいます。実力のある占い師が近くにいるのであれば、アシスタントをやらせてもらえないか頼むのも1つの手です。

占いライター、電話占い師になる方法

占いコンテンツのライターになるであれば、占いコンテンツを運営して会社の求人をチェックしましょう。また、「占いライター 求人」で検索するといくつか占いライターの仕事がヒットします。

電話占い師の場合も同様に、「電話占い 求人」で検索すると電話占い師を募集している企業を見つけることができます。

基本的にどれも業務委託であり、成果報酬型です。時間に自由であり、やればやるだけ稼げる仕事です。

自分で鑑定依頼を受注する方法

またネットを使って、鑑定依頼を受注することで占い師として活躍する方法もあります。

例えば、WEBサイトを公開して、メール占いを受け付けたり、対面占いを受けたりすることも可能です。

その他、知識・スキルを販売できるサイト「ココナラ」を利用して、占い師の仕事を受注することができます。

ココナラ

このサイトでは、「あなたを占います」という形で、電話占いやメール占いなど、様々な形式で鑑定依頼者を募集することができます。

料金設定や料金決済なども簡単にできるので、占いの知識とスキルさえあれば占い師と仕事をすることができます。

詳細はこちら
「ココナラ」

占い師は自由な働き方ができる

占いの知識やスキルは必須ですが、フリーランスとして働きやすい環境がある職業です。

フリーの電話占い師や、占いライターとして稼ぐのであれば、仕事できる時だけ仕事をすればいいので、時間に融通が利きます。

そのため家事育児との両立や、再就職の手段としても最適であり、女性に人気があります。実際、趣味で占いを勉強していた人が、出産で仕事を辞めたことをきっかけとして占い師になる人もいます。

占いに興味がある人であれば、占いの勉強もそれほど苦にならず、楽しんで取り組めるでしょう。

人気記事

1

転職エージェントを使うと、 キャリアプランニング(どんな職種、どんな企業に転職するか) 転職相談 求人紹介 履歴書・職務経歴書の添削 面接対策 企業との連絡代行 入社後フォロー こちらのようにあらゆる ...

2

このページでは、まず転職エージェントとは何か、ついて紹介します。その後に、女性の転職に強いおすすめの転職エージェントを厳選して5社、各社の特徴とともに紹介します。 転職支援を受けられる転職エージェント ...

-仕事を知る
-

Copyright© 女性の転職・仕事情報サイト【女性転職Navi】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.