履歴書・職務経歴書

販売・サービス職に応募する場合の職務経歴書の書き方

更新日:

職務経歴書
アパレル、ファッション系の販売職、小売り、飲食などのサービス職に応募する場合の職務経歴書の書き方について紹介します。

販売、サービス職から販売サービス職に転職する場合(経験者の場合)

販売、サービス職に応募する場合、接客スキルを中心にアピールすることになります。しかし、接客には様々なスタイルが存在し、対象の顧客や扱う商品、サービスによって、異なります。

この違いが明確に伝わるように職務経歴書を作成するのがポイントとなります。

職務経歴書には、以下の項目をしっかりと記載しましょう。

  • 対象顧客(女性向けか男性向けか、20代向けか30代向けか、ファミリー向けか単身向けかなど)
  • 取り扱い商品・サービス
  • 店舗規模(売り上げ高、スタッフ数、客数、売り場面積など)
  • 店舗形態(商業施設のテナント、路面店など)
  • 指導、管理対象となるアルバイト層(学生、主婦など)
  • 実績
  • 接客スタイル
  • 工夫したことなど(リピーターを増やすために心がけたこと、利益を上げるために心がけたことなど)

また、売り上げアップを達成した場合は、単に売り上げ数字を記載するだけではなく、どのような戦略を立てたのかと、それを実践するまでのプロセスなども記載しましょう。

取り扱い商品・サービスが異なる企業に応募する場合

前職と商品、サービスが異なる企業に応募する場合は、扱う商品が変わっても、同じプロセスを踏めば、同じように成果をあげられることを、企業側にイメージさせられるようにしましょう。

読む側が「商品は違うが、当社でも成果を挙げられそうだ」とイメージできるように記載できれば、かなり効果的なアピールになります。

業界、職種未経験の場合

未経験の場合でも、これまでの経験が役に立たたないということは決してありません。前職での仕事で役に立つことをしっかりと記載しましょう。

例えば、アルバイトスタッフ、派遣スタッフ、部下をまとめた経験があるのであれば、その経験はしっかりと記載するべきです。

また、営業経験があるのであれば、それも記載しましょう。モノ・サービスを売る仕事であることには違いありません。「御社でもこの経験を生かせる」ということをアピールしましょう。

その他、自己PRになる経験

計数管理経験

売り上げ、コスト、利益率などの数字を取りまとめ、経営状況を分析した経験があるなら、しっかりと記載しましょう。

どの職種、業界でも役立つ経験です。

コミュニケーションとマネジメント

お客様とのコミュニケーションにおいて、工夫したこと、改善したこと。また、アルバイト、パートスタッフのモチベーションを維持、向上させるために行った工夫などもアピールになります。

企画立案、実行

販売促進キャンペーン、催事などを企画した経験があるならしっかりと記載し、経験をアピールしましょう。どんな企画を立案し、どのように実行し、どのような実績を残したのか、具体的に記載するのがポイントです。

市場観測、マーケティング

店頭でもお客様の反応や動きを分析することで、培ったマーケティング力やトレンド察知能力をアピールしましょう。

人気記事

1

転職エージェントを使うと、 キャリアプランニング(どんな職種、どんな企業に転職するか) 転職相談 求人紹介 履歴書・職務経歴書の添削 面接対策 企業との連絡代行 入社後フォロー こちらのようにあらゆる ...

2

このページでは、まず転職エージェントとは何か、ついて紹介します。その後に、女性の転職に強いおすすめの転職エージェントを厳選して5社、各社の特徴とともに紹介します。 転職支援を受けられる転職エージェント ...

-履歴書・職務経歴書
-

Copyright© 女性の転職・仕事情報サイト【女性転職Navi】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.