自己分析

転職を成功させるために、なぜ自己分析は重要なのか?

更新日:

転職活動をする女性
転職活動において、ほとんどの人は自己分析を軽視しがちですが、転職を成功させるなら自己分析は重要です。

その理由は以下の2つです。

  • 自分に合っている会社を見極めるため
  • 選考に通過し、内定を得るため

なぜ自己分析は重要なのか?

自分に合っている会社を見極めるため

この転職で何を実現したいのか?
向いている仕事はなにか?
どんな職場で働きたいのか?

これらが明確になっていないまま会社選びをしてしまうと、企業名や企業規模だけで企業選びをしてしまったり、人気の仕事や求人広告のキャッチコピーにつられて企業選びをしてしまう可能性があります。

これらの要素だけで会社を選んでしまうのは、外見だけで結婚相手を選ぶようなものです。もちろん「外見さえよければそれでいい」という人もいと思いますが、少数でしょう。

仕事を長く続けていくためには、そういった表面的な要素だけでなく、職場の雰囲気や仕事の進め方、会社の価値観も重要です。有名大企業で働けたとしても、ギスギスした職場なら嫌になってしまうはずです。

どんな雰囲気、価値観、仕事の進め方の会社が自分に合っているのか?

これを自己分析によって明確にすることは合っている会社を見つける上で重要なのです。

また、転職活動をする人のなかには、「なぜ転職したいのか?」が曖昧な人がいます。

例えば、「周りに人が転職するから」「3年経ったから」などの理由を挙げる人がいますが、よくよく自分と向き合ってみると「上司と意見が合わないから」「人間関係がつらいから」といった理由であることがあります。

このように、「なぜ転職したいのか?」が明確になっていないと自分に合って企業を探すことはできません。

だからこそ自己分析をして、自分自身と向き合い、本当に合っている企業を見極めることが大切なのです。

選考に通過し、内定を得るため

選考を通過するためには、企業が求める経験やスキル、人間制を、自分が持っていることをアピールし、採用側に「自分を採用するメリット」を伝えなければいけません。

「自分を採用するメリット」をしっかりと伝えるためには、自身の経験、スキル、弱み、強み、価値観を自己分析によって明確にしておく必要があります。

自己分析をしていなければ、根拠のない「やる気」「熱意」などのアピールしかできず、採用してもらえません。

自己分析をしていなくても、面接のテクニックを駆使し、相手の期待に沿う質疑応答をすれば内定を得ることはできるかもしれません。しかし、自分自身を偽って入社したとしても、会社の価値観や雰囲気が合わず、耐えられなくなるでしょう。

結果的に転職は失敗に終わるのです。これでは時間を使って転職した意味がありません。

学生時代、自己分析をした人も必ずもう一度、自己分析は行う

自己分析をする女性
学生時代、就職活動を経験した人であれば、自己分析は一度経験しているため、転職活動をする際は、自己分析を軽視しがちです。

しかし、社会人になって新たな出会いや経験を積む中で、あなたは様々な変化を遂げているはずです。

例えば

「学生時代は仕事はやりがいが大切と思っていけど、実際に仕事をしてみて、プライベートの時間の方が大切だと分かった」
「興味がある仕事よりも向いている仕事に就いた方がいいと分かった」
「チームで仕事をするよりも、一人で黙々と仕事をする方が向いてると分かった」

など、毎日仕事をこなすなかで、新たな発見や価値観の変化があると思います。

過去に行った自己分析は全く参考になりません。

転職活動を始めるときは、今一度自分と徹底に向き合い「この転職で何を実現したいのか?」やスキル、経験、弱み、強みを明確にしましょう。

以下のページでは自己分析のやり方を解説していますので、是非、参考にしていただければと思います。
自己分析のやり方・自己分析で明確にすべきことなど徹底解説

人気記事

1

転職エージェントを使うと、 キャリアプランニング(どんな職種、どんな企業に転職するか) 転職相談 求人紹介 履歴書・職務経歴書の添削 面接対策 企業との連絡代行 入社後フォロー こちらのようにあらゆる ...

2

このページでは、まず転職エージェントとは何か、ついて紹介します。その後に、女性の転職に強いおすすめの転職エージェントを厳選して5社、各社の特徴とともに紹介します。 転職支援を受けられる転職エージェント ...

-自己分析
-

Copyright© 女性の転職・仕事情報サイト【女性転職Navi】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.