働き方

上司がうざい、上司が嫌い!上司がストレス要因の時の対処法

更新日:

面接で落ち込む女性
直属の上司が部下をコントロールしたがるタイプの場合は、仕事の成果だけでなく、仕事の進め方についても文句をつけてきます。

あるいは感情的な上司だと、一度、「ダメな奴」と決めつけられると、その印象を修正することはできず、そのまま居心地の悪さを感じる日々が続きます。仕事は人生の大半を占めるものです。

この仕事が憂鬱であれば、幸せな人生を送ることはできません。

上司がストレス要因で仕事に困っている、仕事が憂鬱といった場合は
「自分の尊厳を守る」
「感情と事実を分ける」です。

この二つの対処法をとるようにしましょう。この対処法を取れば、上司の嫌みな発言が気にならなくなり、さらにキャリアアップなどを目指せる可能性があります。

自分の尊厳を守る

転職サイトと転職エージェント_R
毎日のように上司からダメ出しをされたり、文句を言われたりすると、「自分はダメな人間なのではないか?」という考えに取りつかれます。

しかし実際、仕事ができないということではなく、単に上司が感情的になっており「何となく虫が好かない」という理由で日文句をつけている場合があります。それにもかかわらず「自分はダメな人間なのではないか?」と思ってしまえば、心の健康を保つことはできません。

また相手に好かれようと努力しても効果を期待できないので、ご機嫌取りをするのもおすすめできません。ストレスが溜まるだけです。

大切なのは上司がどうであれ、自分の尊厳を保つことです。

「上司は単に、感情的に自分を批判しているだけなんだ」と考えるようにして、自身の尊厳を守るようにしましょう。

具体的にとるべき行動としては、

  • 職場で下を向いて歩かない
  • 誰にでもきちんと挨拶をする
  • 声が小さくならないようにする
  • 姿勢を良くして過ごす

上記のように振る舞い、自分の尊厳を失わないようにしましょう。

「感情」と「事実」を分けて考える

秘書
自分の尊厳を保つことと同時にやるべきことは「感情」と「事実」を分けて考えることです。

上司の言葉を分析して、発言のうち何割が「感情」で、何割が「事実」なのかを冷静に考えるのです。そして、業務に関するダメ出しをされた時、感情による発言は気に留めないようにしましょう。

例えば、「お前は何をやらせてもダメだな!」という発言について、具体的には自分が成功させた業務のあるので、「何をやらせても」という言葉は、事実ではなく、感情です。

そして、「この人は感情的になり、事実を見ないで根拠のない文句を言ってイライラしているのだ」と冷静に捉えるようにしましょう。

冷静に対応すると、自分の発言で部下が落ち込むことを期待している上司は、さらに怒りをあらわにするかもしれません。

しかり上司の発言に現れるを事実だけを冷静に捉え、真摯に業務を改善していくことが仕事でストレスを溜めないためにも、自身のキャリアを構築していく上でも、重要です。

文句をつけられるのはあなたに能力があるから

そもそも文句をつけられたり、嫉妬されたりするのは、あなたに能力があるからです。

少しでも能力、資質、個性がある人は、「気に食わない人」と思われることが多いのです。自分にないもの、例えば学歴、容姿、知識などをを持っている人に対して嫉妬するのは誰でもあることです。

しかし、そういった単なる嫉妬による感情をすべて受けとめていたのでは、心がいくつあっても足りません。

嫉妬という感情による上司からの文句は、すべて受け流し、仕事でキャリア積むこと、成果を出すこと、スキルを得ることに集中しましょう。

人気記事

1

転職エージェントを使うと、 キャリアプランニング(どんな職種、どんな企業に転職するか) 転職相談 求人紹介 履歴書・職務経歴書の添削 面接対策 企業との連絡代行 入社後フォロー こちらのようにあらゆる ...

2

このページでは、まず転職エージェントとは何か、ついて紹介します。その後に、女性の転職に強いおすすめの転職エージェントを厳選して5社、各社の特徴とともに紹介します。 転職支援を受けられる転職エージェント ...

-働き方
-

Copyright© 女性の転職・仕事情報サイト【女性転職Navi】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.