企業研究

企業が求める人物像を知るための企業研究のやり方

更新日:

企業研究
事業内容や会社の雰囲気、福利厚生を見て、企業研究を終わらせていませんか?

企業研究は、企業がどんな人物を求めているかを具体的に把握し、選考で何をアピールすべきかを明確化するものです。

仕事内容や福利厚生を確認しただけでは、企業研究とは言えないのです。

では、どのように企業研究をすれば求める人物像を把握できるのか、選考でアピールすべきことが分かるのか? このページでは解説していきます。

求人票・求人広告から求める人物像を探る

女性におすすめの転職サイトを探す
求人広告には、必ず求める人物像や必須条件、必須スキル、必須資格などの条件が記載されています。

これは企業が設定している条件で、選考でアピールするべきことを知る上で参考になります。必ず確認しておくべき項目であることは間違いありません。

しかし、募集要項の求める人物像は企業が「とりあえず」、という形で設定しているものです。また、「チャレンジ精神が旺盛な人」「正確に業務をこなせる人」など表現が曖昧な場合もあります。

そのため、この条件を満たしていなくても採用されたり、条件を満たしていても、採用されない可能性があります。求める人物像はしっかりと確認しておくべきですが、それだけで企業研究を終わらせてはいけません。

企業のWEBサイトから求める人物像を探る

女性の転職サイト (35)
企業のWEBサイトには、求める人物像を把握するためのヒントがたくさん隠されています。

以下、確認するべき項目について解説します。

取り扱い製品・サービス

取り扱い製品を確認することで、売るために必要なスキル・経験を把握できます。

商品・サービスが、個人消費者向けなのか、法人向けなのか。個人向けであれば、ターゲットは女性なのか男性なのか、20代なのか、30代なのか。

これらのことを把握し、必要なスキルや経験をイメージしましょう。

取引先

取引先の業種や業態、企業規模などから、それらの企業と付き合うために必要な知識・スキルをイメージできます。

経営理念・社長メッセージ

どんな理念に共感しやすい人が受け入れられやすいかが把握できます。特に最終面接では、社長や経営幹部が面接官を担当するので、経営理念や社長メッセージは必ず目を通しておくべきです。

また、中小ベンチャー企業では、社長の価値観が他の社員にも色濃く反映されています。中小ベンチャー企業に応募するなら、なおさら経営理念や社長の価値観は確認しておきましょう。

組織体制

どの事業に力を入れているのか、手薄な事業は何かが分かります。また募集している部署は、社内ではどのような立ち位置かも確認しましょう。

主力事業を担当している部署なのか、手薄な事業を担当している部署なのかも確かめておきましょう。

社員紹介

社員紹介で紹介されている社員は、社内でもエース級の人であり、その企業の求める人物像を体現しています。つまり、「こんな人が欲しいです」という人物が紹介されているのです。

紹介されている社員の経歴や人間性、人物像などを確認し、どんな人物がその企業で好まれのかを確認にしましょう。

ブログ・SNS

会社が運営しているブログ・SNS、社長が運営しているブログ・SNSがあるならチェックしておきましょう。社風や職場の雰囲気を確認するのに役立ちます。

企業の成長ステージで求める人物像を探る

その企業が現在、どの成長ステージにいるかによって、求める人物像が異なります。

成長ステージは主に「創業期」「成長期」「安定期」「衰退期」この4つがあります。

・創業期
会社設立から1、2年程度で、技術やビジネスモデルはあるが、人材が不足している状態。

創業期の企業で求められている人は、「即戦力」「会社のビジョン、目標に共感してくれる人」「会社のトップが信頼を寄せられる人」「会社の骨格作りに必要な業務ができる人」など。

・成長期
組織の基盤が固まり、事業の拡大や新規事業の展開のために人材を増やす状態。

求めらる人物は、「やる気・意欲がある人」「チャレンジ精神が旺盛な人」「独創的な思考を持った人」など。

・安定期
経営基盤が確立し、収益も安定している状態。採用活動をする場合は欠員補充。

欠員によって滞っている業務を速やかにこなす能力が求められる。

・衰退期
衰退に向かっている状態。

衰退期の企業は基本的に採用活動をする余裕がないので、特に対策する必要はない。

転職エージェントに企業が求める人物像を聞く

転職エージェント
転職エージェントに求める人物像を聞くのはかなり有効な方法です。

というのも転職エージェントは、採用依頼を受けた企業の人事から「こんな人を採用したい」というニーズをあらかじめヒアリングしているからです。

そのため求める人物像に関しては、かなり具体的な情報を持っています。

また求める人物像だけではなく、面接で見れているポイントや、面接で聞かれる質問、面接の雰囲気などを教えてくれる場合もあります。

もちろん情報を教えてくれるのは、転職エージェントに紹介してもらった企業に限ります。しかし、転職対策をする上で転職エージェントほど心強い存在はいません。

人気記事

1

転職エージェントを使うと、 キャリアプランニング(どんな職種、どんな企業に転職するか) 転職相談 求人紹介 履歴書・職務経歴書の添削 面接対策 企業との連絡代行 入社後フォロー こちらのようにあらゆる ...

2

このページでは、まず転職エージェントとは何か、ついて紹介します。その後に、女性の転職に強いおすすめの転職エージェントを厳選して5社、各社の特徴とともに紹介します。 転職支援を受けられる転職エージェント ...

-企業研究
-

Copyright© 女性の転職・仕事情報サイト【女性転職Navi】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.