企業研究 転職エージェント 転職サイト

転職サイトだけじゃない!求人を探せる転職支援サービスを徹底紹介

更新日:

女性の転職サイト (16)
求人探しをする際、まず思いつくものと言えば、転職サイトです。しかし、他にも求人探しに利用できる転職者向けサイトやサービスはたくさんあります。

本ページでは、それらのサイトやサービスを一括で紹介します。

各媒体によって特徴に違いありますので、目的の応じて使い分け、効率的に転職活動を進めましょう。

転職サイト

転職サイトを見る女性
まずは、王道の転職サイトから紹介します。転職サイトは、「リクナビNEXT」や「とらばーゆ」「マイナビ転職」のような、求人広告を掲載しているサイトのことです。

条件に合う求人を簡単に見つけられる他、最新求人情報をメールで受け取れたり、企業からオファーをもらえたりするのが特徴です。様々な求人を一度に確認できるので、興味の幅を広げられます。

スカウトやオファーは単なる広告

転職サイトに登録すると、企業からオファーやスカウトがたくさん届きます。しかしこれらのメールが届いたからといって、選考に通過しやすいわけではないので注意しましょう。

転職サイトから届く、スカウトメールやオファーメールのほとんどのは単なる広告です。興味がないのであれば、時間の無駄なので、応募する必要はありません。

また、興味のある求人に片っ端から応募して、企業のとのやり取りに手間どい、転職活動に影響が出ないように注意しましょう。

複数の転職サイトを利用する

転職サイトには、あらゆる求人を総合的に扱ったサイトと、特定の分野に特化した転職サイトがあります。例えば、「リクナビNEXT」「doda」は総合型、「とらばーゆ」「女の転職@type」は女性が対象の転職サイトです。

できればすべての転職サイトの求人に目を通したいところですが、現実的ではありませんので、3~5サイトに絞って定期的チェックしましょう。

大手の転職サイト2~3サイトと、特定の分野に特化した転職サイトの両方を利用するのがおすすめです。より希望に合った求人を見つけられます。

転職サイトメリットとデメリット

メリット

  • 希望の求人を簡単に見つけられる
  • 様々な求人を閲覧できるので興味の幅が広がる
  • 応募した求人に好きなだけ応募できる

デメリット

  • スカウトやオファーメールが大量に届く
  • 面接対策や応募書類の対策などを自力で行う必要がある

色々な転職サイトと特徴

サイト名 特徴
リクナビNEXT 総合型
とらばーゆ 女性を対象にした転職サイト
女の転職@type 女性を対象にした転職サイト
ビズリーチ 管理職、エグゼクティブなど、ハイクラス求人に特化した転職サイト
マイナビ保育 保育士・幼稚園教諭に特化した転職サイト
クリーデンス ファッション・アパレル業界に特化した転職サイト

スカウト・オファー型転職サイト(サービス)

スカウト・オファーサイト
経験業務、経歴、スキル、希望条件などのプロフィールを入力しておくと、そのプロフィールに興味を持った企業からスカウト・オファーが届くサイト(サービス)です。

転職サイトの場合は、企業に対して主体的に応募することで、選考が始まりますが、スカウト・オファー型転職サイトは、スカウト・オファーが届き、それを受けることで選考が始まります。

プロフィール確認が事実上の書類選考になるので、オファーが届いた時点で、面接が確定している場合がほとんどです。また、面接確定ではない場合でも、プロフィールに興味を持った上でのオファーなので、採用される見込みが高いです。

プロフィールを登録したら、後はスカウト・オファーが来るのを待つだけでいいので、仕事が忙しい方でも手軽に仕事探しができます。

メリット・デメリット

メリット

  • オファー、スカウトを待つだけなので、求人を探す手間が省ける
  • 仕事が忙しくても転職活動ができる
  • オファー・スカウトをもらえれば採用される確率が高い

デメリット

  • 色々な求人を閲覧できない
  • 好きな企業に応募できるわけではない
  • オファー・スカウトが来なければ転職活動ができない

主なスカウト・オファー型転職サイト

サイト名 特徴
MIIDAS(ミーダス) パーソルキャリアが運営するオファー型転職サイト。オファーの大半が面接確約

転職エージェント(人材紹介会社)

転職エージェント
転職エージェントは人材紹介と呼ばれるものです。「リクルートエージェント」や「マイナビエージェント」が転職エージェントに当たります。

転職エージェントは、人を採用したい企業から採用依頼を受けて人材を紹介します。逆に転職を考えている人には、企業を紹介します。転職希望者と企業、両方のマッチングを行うのが転職エージェントのサービスです。

転職希望者は、転職エージェントのサービスを無料で利用できます。登録すると転職市場に精通したプロのキャリアコンサルタントによる転職サポートが始まります。

転職エージェントのサービス内容

  • 履歴書・職務経歴書の添削
  • 応募企業に推薦状を書いてくれる(行っていない転職エージェントもある)
  • 非公開求人の紹介
  • 面接対策
  • 年収交渉の代行
  • 内定後フォロー
  • 転職相談

担当のコンサルタントが企業との間に立って、面接日程、入社日程の調整をしてくれるので、転職活動を効率的に進められます。

仕事が忙しくて転職活動に割く時間がない方、転職活動に関して疑問や不安がある方、プロのアドバイスをもらいたい方に、転職エージェントはおすすめです。

メリット・デメリット

メリット

  • 面接対策、応募書類の添削などのサポートが受けられる
  • 仕事が忙しくても転職活動ができる
  • 非公開求人を紹介してくれる
  • 企業の裏情報をコンサルタントに教えてもらえる

デメリット

  • 色々な求人を閲覧できない
  • 好きな企業に応募できるわけではない
  • コンサルタントとの面談、連絡の手間がある
  • コンサルタントとの相性が合わないと転職活動が上手くいかない可能性がある

主な転職エージェント

転職エージェント名 特徴
doda パーソルキャリアが運営する転職エージェント。求人数が豊富
パソナキャリア 利用者満足度96%の転職エージェント。女性からも好評を得ている
マイナビAGENT マイナビが運営する転職エージェント。女性の転職支援にも力を入れている
マイナビジョブ20's 第二新卒、20代の転職者を対象とした転職エージェント
ウズキャリ第二新卒 第二新卒、既卒を対象とした転職エージェント
JACリクルートメント 外資系企業、グローバル企業の転職に強い転職エージェント
Geekly IT・WEB・ゲーム業界の転職に特化した転職エージェント
クリーデンス アパレル・ファッション業界に特化した転職エージェント
リクルートエージェント 大手リクルートの転職エージェント

転職イベント

転職セミナー・イベント_R
中途採用では、合同企業説明会のようなイベントはあまり開催されていませんが、一度に多くの企業を知る絶好の機会です。

実際の社員を見ることができ、企業の雰囲気を知るのにも役立ちます。また選考ではないので、質問したいことを質問できます。

転職イベントは、大手の転職サイトや転職エージェントなどが開催しています。本項の最後に、イベント開催している転職サイトをまとめて記載していますので、興味がある方は参考にしてみてください。

メリット・デメリット

メリット

  • 先輩社員や人事担当者と会える
  • 質問したいことを質問できる
  • 企業の雰囲気を知るのに役立つ

デメリット

  • 時間や期間など、タイミングが合わないと参加できない
  • 開催場所が、東京や大阪などに限定されている

転職イベントを実施している転職サイト

転職エージェント名 特徴
doda
転職フェア
東京、大阪、名古屋、宮城の4都市で定期的に合同企業説明「転職フェア」を開催。200社以上が参加する最大規模の転職イベント

詳細はこちら

マイナビ転職
転職EXPO
東京、大阪、名古屋、札幌などの地域で開催されている合同企業説明「マイナビ転職EXPO」。190社ほどの企業が参加する大規模なイベント。講演やセミナーなども同時開催している

詳細はこちら

ハローワーク

ハローワーク
厚生労働省が運営する機関で、求職者は誰でも利用できます。また、求人を探しをするだけでなく、就職相談をすることや、就職指導を受けることもできます。もちろん利用料金はかかりません。

国の機関なので、気軽に利用できるというメリットはあるのですが、民間の転職サービスを利用できるなら、ハローワークは利用するべきではありません。

ハローワークは最後の砦

ハローワークは最後の砦だと思ってください。

国が運営しているからとって優良企業の求人があるわけではありません。ハローワークは求人を掲載するのは無料です。そのため、基本的にどんな企業であっても求人を掲載できます。

ハローワークに求人を出している企業の中には、人を採用する気がない企業、人を採用する余裕がない企業が「とりあえず」という形で求人を掲載している場合があります。

また、募集要項に記載されていた勤務条件と実際の勤務条件が違う、入社してみたら違う企業名が違った、という話もあります。

むしろ民間の転職サービスより、ブラック企業が多いと思っておいてもいいでしょう。

また、就職指導員の質も定かではありません。もちろん就職や転職市場に精通していることは間違いないのですが、公務員ですので、どこまで親身になってくれるかわかりません。やっつけ仕事の人もいるでしょう。(もちろんすべての指導員そうであるわけではありません)

このような事実を把握せず、ハローワークを安易に利用するのはおすすめできません。

メリット・デメリット

メリット

  • 誰でも利用できる

デメリット

  • 求人の質が定かではない(ブラック企業、採用する気がない企業である場合も)
  • アドバイザーの質が定かではない(親身になってくれる人もいるが、やる気のない人、不親切な人もいる)

人気記事

1

転職エージェントを使うと、 キャリアプランニング(どんな職種、どんな企業に転職するか) 転職相談 求人紹介 履歴書・職務経歴書の添削 面接対策 企業との連絡代行 入社後フォロー こちらのようにあらゆる ...

2

このページでは、まず転職エージェントとは何か、ついて紹介します。その後に、女性の転職に強いおすすめの転職エージェントを厳選して5社、各社の特徴とともに紹介します。 転職支援を受けられる転職エージェント ...

-企業研究, 転職エージェント, 転職サイト
-

Copyright© 女性の転職・仕事情報サイト【女性転職Navi】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.