面接対策

転職面接の流れと、各段階での注意点をまとめて紹介

更新日:

面接_R
面接は業界や職種に関係なく、大まかな流れが決まっています。

  1. 入室・挨拶
  2. 自己紹介
  3. 経歴・キャリアの確認
  4. 転職・退職理由、志望動機の確認
  5. その他の質問
  6. 応募者からの質問

このページでは上記の流れに沿って、各段階での注意点などを解説します。この定番の流れを把握しておき、心の準備をしておきましょう。

入室・挨拶

待合室と面接を行う部屋が別の場合と、同じ場合があります。

入室の時点で注意点が多く、かなり面倒ですが、些細な動作を一つ一つチェックしている面接官もいますので、ミスのないように完璧にしましょう。

待合室と面接を行う部屋が別の場合

  1. ドア3回ノックし「どうぞ」と言われたら入室する
  2. ドアをそっと閉める
  3. ドアを閉めたらその場で面接官の方を向き、「よろしくお願いします」と言い、一礼する(挨拶が終わってから一礼)
  4. 椅子の後ろまで、移動し、「●●です。本日はよろしくお願いします」と再度言う
  5. 面接官に「おかけください」と言われたら着席する

待合室と面接を行う部屋が同じの場合

オフィスが小さい企業では、面接室で、面接官が来るのを待つ場合があります。

その際の手順は以下の通りです。

  1. 面接官のノックが聞こえたら「はい」と返事をする
  2. 面接官が入室したら、起立する
  3. 「●●です。本日はよろしくお願いします」と言う、もしくは面接官の挨拶の後に言う
  4. 面接官に「おかけください」と言われたら着席する

自己紹介

「自己紹介をお願いします」と言われたら、これまでの経歴、経験してきた業務内容、強みとスキル、志望動機などを1~2分程度で簡潔に伝えます。

「1分でお願いします」と制限時間を言われる場合もあります。

また、個々の詳細を話すのではなく、後でじっくり聞いてほしいことを意識して、話すのがポイントです。長々と自己紹介を話してしまうと、印象が悪くなるので注意しましょう。

経歴の確認

「これまでの経験業務や、身につけたスキルについて教えてください」と質問される場合と、業務内容、スキルなどを小分けにして質問される場合があります。

回答する際は、単なる職務経歴書の復唱ではなく、具体的な仕事の中身や、その仕事で身につけた

こと、得意分野や強みなどを混ぜて伝えるようにしましょう。

また、アピールになる実績がある場合は、忘れずにアピールします。

企業が求める人物像を意識する

ここで最も意識しなければいけないのは、企業が求める人物像です。企業がどんなスキル、経験を求めているのかを意識した上で、自分がマッチした人材であることをアピールするように、経歴を述べましょう。

転職・退職理由、志望動機の確認

「退職した理由を教えてください」
「当社を志望した理由を教えてください」

といった質問から始まります。

また、回答した内容によって、それを掘り下げていくような質問をされることになります。

例えば「あなたのやりたいことは今の会社ではできないんですか?」「他の会社でもあなたのやりたいことはできそうですね」などと意地悪な質問をされる場合もあります。

転職・退職理由は、ポジティブに聞こえるように

面接官が転職・退職理由を聞く理由は、すぐに辞めないかどうかを確かめるためです。

例えば、「上司と合わなかったので転職を決意しました」と言えば、「どうせまた上司が気に入らなくて辞めるだろう」と判断されてしまいます。

「どうぜすぐに辞める」と判断されないためには、極力ネガティブに聞こえる転職理由は避けなければいけません。責任を人や環境に押し付けるような発言をしたり、単なる悪口だと受け取られるような発言は絶対にNGです。

志望動機は、「その企業だからこそ」というものを述べる

他の企業でも通用するような志望動機を述べても面接官を納得させることはできません。

企業研究を綿密に行った上で、「その企業だからこそ」という志望動機を述べるようにしましょう。

その他の質問

職歴や志望動機、転職理由とは関係のない質問です。

例えば「休日は何をしていますか?」「最近読んだ本を教えてください」といった質問や、「あなたが社長になったらどうしますか?」「弊社の課題は何だと思いますか?」といった回答しづらい質問もあります。

どのような質問をされるか予想できないので、対策は困難ですが、下手に嘘をつくよりも、正直に回答したほうがいいでしょう。それで不採用なら縁がなかったということで、次の面接に気持ちを切り替えましょう。

応募者からの質問

最後に面接官から「何か質問はありますか?」と聞かれます。

ここで「特に、ありません」と回答すると、入社意欲を疑われてしまうので、必ず質問を用意しておきましょう。ただしどんな質問でもいいというわけではありません。

例えば、業務に全く関係のない質問や、他の職種に関する質問、ネット調べれば簡単にわかる質問はNGです。また、残業や休日出勤、給料に関する質問もあまり印象がよくありません。

印象が良くなる質問は、企業研究をしてきたことがアピールできる質問と、仕事をイメージするための質問です。

例えば

「この会社で成果を出している方にはどのような方にはどのような共通点がありますか?」
「御社のホームページにこんな記載がありましたが、現在の進捗はどうでしょうか?」

上記のような質問であれば、入社意欲をアピールできるでしょう。

人気記事

1

転職エージェントを使うと、 キャリアプランニング(どんな職種、どんな企業に転職するか) 転職相談 求人紹介 履歴書・職務経歴書の添削 面接対策 企業との連絡代行 入社後フォロー こちらのようにあらゆる ...

2

このページでは、まず転職エージェントとは何か、ついて紹介します。その後に、女性の転職に強いおすすめの転職エージェントを厳選して5社、各社の特徴とともに紹介します。 転職支援を受けられる転職エージェント ...

-面接対策
-

Copyright© 女性の転職・仕事情報サイト【女性転職Navi】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.