履歴書・職務経歴書

履歴書の書き方、フォーマットや記載項目に関する注意点まとめ

更新日:

履歴書、女性の転職

本ページでは、履歴書フォーマットや写真、各記載項目の注意点、ポイントなどについて具体的に解説していきます。

履歴書のフォーマットについて

履歴書のフォーマットはどれも同じように見えて、若干の違いがあります。例えばメーカーによって書式や記載項目が異なっていたり、サイズに違いがあったります。

また、転職者用、アルバイト用など用途別の履歴書が存在します。

応募先企業から指定がない限り、基本的にどのようなフォーマットの履歴書を使用しても問題ありませんが、やはり転職者用の履歴書を選ぶのが無難でしょう。

フォーマットは自分に合うものを選ぶ

転職者用の履歴書は、リクナビNEXT、dodaなどの転職サイトがダウンロードできます。各履歴書を見比べて、自分が書く必要のある項目をすべて書けるスペースがある履歴書を利用しましょう。

個人的におすすめなのは、転職サイトのdodaでダウンロードできる履歴書です。自分が書きたいことを自由に書けるスペースが設けられているので、使いやすいです。

※dodaの履歴書はこちらのページからダウンロードできます
【doda公式サイト】履歴書の書き方

用紙は上質もので

市販の履歴書を購入する場合は問題ありませんが、ネットからダウンロードしたものをプリントアウトする場合は、その用紙にも注意しましょう。

できれば通常の用紙よりも、やや厚手の上質紙を使用するのが望ましいです。

手書きかパソコンか?

手書きの履歴書かパソコンで作成した履歴書かについては意見が分かれるので、どちらが正解かを明確に判断することはできません。

基本的には、企業から指定がない限り、手書きでもパソコンでもどちらでも問題ありません。

しかし、一般的には、手書きが無難だとされています。やはり手書きの方が、人柄や取り組み姿勢が伝わってくるからです。

また、字に自信がある人は、手書きの履歴書を作成することで、丁寧さや几帳面さをアピールできるので、手書きの方がいいかもしれません。

字に自信がない人は、無理に手書きにする必要はないでしょう。字が汚いと雑な印象を与えてしまう恐れがあるので、パソコンで作成した方がいいでしょう。

写真について

履歴書に貼る写真は、第一印象を決める大切なものです。採用側も容姿で判断しようというのではなく、雰囲気や印象を見ています。

その他、以下のポイントに注意しましょう。

  • スナップ写真はNG(スナップ写真やプリクラを切り取って貼るのは絶対にNG)
  • 3か月以内に撮影した写真を使う(大学生の時に撮った写真が残っていても、改めて撮影しましょう)
  • 写真の裏面には名前を書く
  • セロハンテープではなく、糊(のり)で貼る

写真を撮る際の服装や身だしなみの注意点

  • 濃い色のジャケットを着用して撮る
  • スーツかブラウスをなど、かっちりした服装で撮る
  • メイクは色を控えめにすうる。アイカラー、チークなどの色数、色味は抑えめにする
  • 髪の乱れを直す。できれば前髪を上げ、ロングヘアーはまとめる

物事を適当に考える人だという印象を与えてしまうので、身だしなみに特に気を使いましょう。

写真スタジオで撮るのがおすすめ

駅の中にあるスピード写真でも問題ありませんが、やはり写真スタジオで撮ってもらったほうが印象のいい写真ができます。

例えば、光の当て方を調整して表情が明るく見えるように調整してくれたり、姿勢のゆがみや顔の角度を調整してくれたりするスタジオもあります。またメイクアップアーティストが常駐しているスタジオもあります。

写真スタジオを探す際は、「転職 履歴書 写真スタジオ」で検索すると、いくつか履歴書用の写真を撮っているスタジオがヒットします。

もちろん時間がない場合やお金がない場合は、スピード写真でも問題ありませんが、その場合でも印象が良く見えるように髪型や表情を工夫して撮影するようにしましょう。

記載項目に関する注意点

日付について

履歴書の頭に記載する日付は、

郵送する場合は“投函日”
メールで送信する場合は“送信日”
持参する場合は“持参するその日”

を記載するようにしましょう。

氏名、ふりがなについて

氏名は、戸籍の名前が旧漢字である場合は、旧漢字で書きます。

またふりがなは、「ふりがな」の場合は平仮名で、「フリガナ」の場合は片仮名で書きます。

住所について

都道府県やマンション名、号室などは省略しないようにしましょう。

省略していると、「何か隠していることがあるのではないか?」と要らぬ疑いを持たれる可能性があります。

連絡先について

メールアドレスや電話番号は、連絡がつくものをしっかりと記載しましょう。

学歴・職歴について

  • 学校名、会社名は省略しない(例えば学校名に関して「○○高等学校」「○○学園」「○○高校」など正式名称を記載する)
  • 中学卒業から書くのが基本(職歴がながい場合は、高校卒業からでも問題ない)
  • 卒業・入学・入社などの年月日は正確に記載する
  • 浪人、留年は記載しない。
  • 専門学校、予備校は記載しない
  • 西暦か和暦どらかに統一する(生年月日などと統一させる)

また、正社員経験は基本的にすべて記載します。契約社員、派遣社員の経歴は、雇用形態とともに明記します。

アルバイト経験は本来、記載するものではありませんが、半年、1年程度続けたものや、業務内容に関連するアルバイトであるバイは、記載しましょう。

資格、趣味、特技について

資格、趣味、特技の欄が設けられた履歴書を使用する場合は、空白にならないようきちんと記載しましょう。

しかし何でもかんでも記載していいというわけではありません。特に資格は、業務に関係のない資格を記載していると、「他にやりたいことがあるのではないか?」といったように志望意欲を疑われる場合があります。

その他、各注意点をまとめて紹介します。

【資格】

  • 業務に関係のない資格は書かない
  • 業務に必須、もしくは関係のある資格を勉強中なら、「○○を勉強中」と記載する
  • 資格は正式名称を記載する(簿記⇒日本商工会議所簿記検定など)
  • 資格は取得した順に記載する

【趣味・特技】

  • ネガティブな印象を与えるものは書かない(ギャンブル、お酒など)
  • 仕事に生かせる趣味、特技はアピール材料になるので、きちんと記載する
  • 変わった趣味・特技は書かない方が無難

通勤時間、配偶者の有無などについて

通勤時間、配偶者の有無についての欄がある場合は、空白にせず、正確に記載しましょう。記載がないと、「何か隠してるのではないか?」と要らぬ疑いを持たれる可能性があります。

志望動機について

志望動機は、履歴書の中で採用担当者が特に注目して見る部分ですので、しっかりと記載しましょう。

基本的に空白がでないようにしっかりと書き詰めます。(びっしり詰め込むのではなく、読みやすい行間を意識して)

また当然ですが、他の会社でも使えるような志望動機ではいけません。「この会社でなければ」という思いが伝わる志望動機を記載しましょう。同じ業界、職種だからといって、同じ志望動機を使い回してはいけません。

本人希望記入欄

「本人希望記入欄」が設けられている履歴書もありますが、希望給与額や希望勤務地などは書かないようにしましょう。

希望給与額や希望勤務地は、「貴社規定に従います」と記載し、入社希望時期や、現在の年収(額面)などを記載するのが無難です。

もしくは、ハンディとなる経歴をフォローするのもいいでしょう。必須資格や必須経験がない場合は、それを補うようなアピールを記載しましょう。

その他、履歴書で絶対にやっていはいけないこと

  • 誤字脱字
  • 修正(修正テープや修正液を使った修正は絶対にNG)
  • 落ちた履歴書の使い回し
  • 大学名が記載された履歴書の使用はNG(学生気分が抜けていないと思われる)
  • 嘘を書かない

履歴書に不安、分からないことがある! そんな方は…

「何を書いたらいいのか分からない」
「アピールしたいことが伝えわるか不安」
「書き方が合っているか分からない」

履歴書に不安や疑問があるなら、転職エージェントを利用することをおすすめします。

転職エージェントを利用すると、プロのコンサルタントに履歴書を添削してもらえます。企業の採用担当者が履歴書のどこに注目するかを踏まえた上で、履歴書のチェックしてくれるので、より完成度の高い履歴書を作成できます。

また、職務経歴書の添削や面接対策もしてくれるので、転職活動を効率的に進めるなら、エージェントを利用するべきです。

以下のページでは転職エージェントをまとめて紹介していますので、是非、参考にしてみてください。
【厳選5社】女性におすすめの転職エージェント

人気記事

1

転職エージェントを使うと、 キャリアプランニング(どんな職種、どんな企業に転職するか) 転職相談 求人紹介 履歴書・職務経歴書の添削 面接対策 企業との連絡代行 入社後フォロー こちらのようにあらゆる ...

2

このページでは、まず転職エージェントとは何か、ついて紹介します。その後に、女性の転職に強いおすすめの転職エージェントを厳選して5社、各社の特徴とともに紹介します。 転職支援を受けられる転職エージェント ...

-履歴書・職務経歴書
-

Copyright© 女性の転職・仕事情報サイト【女性転職Navi】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.