仕事を知る

旅行代理店の仕事内容、必須の資格などを解説

更新日:

旅行業務

旅行関係の仕事は女性に人気のある職種です。その一つである旅行代理店の仕事も同様です。

旅行代理店の仕事内容

旅行代理店の主な仕事である、カウンターセールス、ツアープランニング、ツアーオペレーションの仕事について解説します。

店舗によっては、カウンターセールスとツアープランニング、ツアーオペレーションの担当が別の場合もあります。また無店舗型といって、ネットでツアーの販売を行う旅行会社もあります。

カウンターセールス

旅行代理店は、窓口で航空券やツアーの相談にのり、手配をする仕事です。具体的には、窓口でパッケージツアーや航空券の手配、パスポートやビザの取得代行、傷害保険加入手続き、自由旅行の提案やアドバイスなどです。

大きな店舗では、国内旅行と海外旅行で担当を分けたり、ツアーの販売、予約と、発券業務を分けたりしている場合もありますが、小型店舗では、1人でいくつもの仕事をこなさなければいけない場合があります。

ツアープランニング、ツアーオペレーション

ツアープランニングはツアーを企画する仕事です。旅行会社の仕事のなかでも特に人気のある仕事です。

ツアーオペレーションは、企画したツアーを実際に形にしていく仕事です。航空会社、ホテル、おみやげ点、レストランなどと交渉して、予約を確保します。また海外旅行を扱う場合、海外の現地法人や手配会社などを通して、企画を形にしていきます。

ツアープランニングとツアーオペレーションは、双方を兼任して行う場合がほとんどです。

旅行代理店のカウンター業務を行う場合、パッケージになっているツアー商品や航空券などの手配は簡単にできますが、自由に旅行を組み立てる場合のアドバイスや企画提案には、能力や経験が必須になってきます。

特に海外旅行では、様々な選択肢の中で顧客にマッチした提案をできることが大切で、専門性はもちろんのこと、サービスの質も問われます。

満足な旅行ができた時は、リピーターとして指名を受けることもあります。実力差と結果に表れる仕事です。

必須の資格について

必須の資格はありませんが、「総合旅行業務取扱管理者」資格を持っていると、待遇が良くなる場合があります。

また、特定の国や地域の専門家である「デスティネーションスペシャリスト」や「世界遺産検定」といった資格も役に立ちます。

旅行代理店で働く方法

必要な資格はないので、求人を探して応募し、採用されれば旅行代理店で働くことができます。

正社員の求人は少なく、契約社員や派遣、アルバイトがほとんです。本気で旅行代理店で働きたいのであれば、雇用形態にこだわる必要はないでしょう。

また、海外旅行のツアー企画に携わる場合、英語力が問われる場合もあります。

旅行代理店の求人がみつかる求人サイト

人気記事

1

転職エージェントを使うと、 キャリアプランニング(どんな職種、どんな企業に転職するか) 転職相談 求人紹介 履歴書・職務経歴書の添削 面接対策 企業との連絡代行 入社後フォロー こちらのようにあらゆる ...

2

このページでは、まず転職エージェントとは何か、ついて紹介します。その後に、女性の転職に強いおすすめの転職エージェントを厳選して5社、各社の特徴とともに紹介します。 転職支援を受けられる転職エージェント ...

-仕事を知る
-

Copyright© 女性の転職・仕事情報サイト【女性転職Navi】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.