面接対策

最終面接で不採用になる3つの理由と最終面接の前に準備しておくべきこと

更新日:

転職_R
転職の場合、最終面接は入社意思の最終的な確認だけという場合や、雑談程度に色々な話をするだけという場合もあります。

それでも対応次第では不採用になるケースが少なくありません。

では、なぜ最終面接までいって不採用になるのか?

その理由と、最終面接の前に準備しておくべきことについて紹介します。

最終面接で不採用になる3つの理由

最終面接で不採用になるのは、主にこの3つ理由からです。

  • 将来のビジョン、目的意識が感じられない
  • 1次面接、2次面接と回答のズレがある
  • 内定を確信して態度を変えてしまう

将来のビジョン、目的意識が感じられない

将来のビジョン、目的意識が感じられない場合、最終面接でも不採用になります。

最終面接の相手である経営幹部は、「将来的に会社の成長を支えていける人かどうか?」に注目しています。

即戦力になるスキル、経験があるかどうかが見られている1次面接、2次面接で高い評価を受けたとしても、入社後に何を目標として働くのかが曖昧であったり、転職における覚悟が感じられないと、「うちの会社は合わなそうだ」と不採用になるのです。

1次面接、2次面接と回答のズレがある

面接の相手が違っても、転職理由や志望動機に一貫した回答をすることが大切です。

採用担当者も回答に一貫性があるかどうかに注目しています。そのため1次面接、2次面接とは、違う質問の仕方をしてくる場合があります。

会社選びの軸が明確であれば、どんな聞き方をされても、同じ趣旨の回答をすることができます。

逆に、最終面接で回答の内容が違えば、「軸がぶれている」「思いつきで回答をしている」と判断され不信感を持たれるのです。

くれぐれも自分にとっても「軸」をしっかりと認識しておき、どんな聞き方をされても同じ趣旨の回答ができるように準備しておきましょう。

内定を確信して態度を変えてしまう

1次面接、2次面接を好感触で通過し、内定を確信して最終面接で強気な態度を取る人がいます。

例えば給与や待遇面で要望を申し出てきたり、経営戦略や事業計画について聞かれてもいないのに意見を述べてしまったりといった具合です。そうなると面接官は一気に警戒します。

それまで良い印象を持っていたのに最終面接で態度が変わると、印象は最悪です。内定が決まりかけていたいとしても白紙に戻される恐れがあります。

最終面接を単なる顔合わせだと思っている人もいますが、あくまでも選考です。
それまでの評価がどれだけ良くても、不採用になる理由が見つかれば不採用になる、ということは肝に銘じておきましょう。

最終面接を突破するために準備しておくべきこと

最終面接
最終面接で見られているのは経歴やスキルなどの人材要件以外の部分です。

つまり「将来的に会社の成長を支えていける人かどうか?」「会社の一員として相応しいかどうか?」といったポイントが見られているのです。

将来的に会社の成長を支えていける人、「会社の一員として相応しい人とはどういう人か?

それは社長の価値観や経営理念に共感し、同じ目標を持って働いてくれる人です。

その上で、最終面接の前にしておくべきことは、会社のホームページや社内報に掲載されている社長メッセージをしっかり読み、自分なりに研究・分析しておくことです。

経営理念や社長メッセージで書かれていたこと言及しながら、質問に受け答えしていくことで、「会社の一員として相応しい人材だと」思ってもらえます。

例えば、「当社の経営理念をどう思いますか?」と質問された時、下記のように回答すると評価してもらえるはずです。

「御社のホームページを拝見しましたが、社長のお言葉にありました、“全てはお客様のために”というモットーに共感しました。私自身、仕事をしていて、お客様第一に考えることが事業拡大のために最も大切だと思っています。私も御社の社員の一員として、一緒に成長していきたいと考えております。」

人気記事

1

転職エージェントを使うと、 キャリアプランニング(どんな職種、どんな企業に転職するか) 転職相談 求人紹介 履歴書・職務経歴書の添削 面接対策 企業との連絡代行 入社後フォロー こちらのようにあらゆる ...

2

このページでは、まず転職エージェントとは何か、ついて紹介します。その後に、女性の転職に強いおすすめの転職エージェントを厳選して5社、各社の特徴とともに紹介します。 転職支援を受けられる転職エージェント ...

-面接対策
-

Copyright© 女性の転職・仕事情報サイト【女性転職Navi】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.