自己分析 転職活動準備

「職場の人と合わない…」職場の人と相性が合わないなら転職するべき!

更新日:

職場の人と合わない
職場の人と合わない。
会社の価値観と合わない。

職場の人と相性が合わないのであれば、転職するべきです。

相性が合わない人たちと仕事をしていても、自分の力を最大限に発揮することはできません。また仕事にやりがいを感じることもできず、不幸になるだけです。

職場の人との相性は重要!

仕事仲間_R
世の中には色々な仕事、業界、業種があります。それぞれに働き方の違いや、会社の価値観、社員の価値観、職場の雰囲気が異なります。

例えば、比較的歴史の浅い企業が多い、IT業界では、社員が若く、フランクな雰囲気の企業が多くみられます。不動産業界では体育会系の雰囲気を持った企業があったり、金融業界では硬い雰囲気がある企業がなどあります。

その他、企業規模の違いによっても価値観の違いがあります。そして社員も同じような価値観の持ち主が集まり、働いています。

大切なのは、「どのような職場の人が自分と相性が良いのか?」ということです。

例えば、スキルアップしたい、色々な仕事を経験したいと考えている人は、新しい事業にどんどんチャレンジするベンチャー企業が、合っている可能性が高いです。色々な仕事をどんどん任せてもらえるので仕事に飽きることはないでしょう。

またそこで働く人は、「次にはどんな新しいことに挑戦しよう」と常に考えている人たちです。価値観や話しが合う確率も高く、仕事、そして人間関係に対する満足度も高くなります。

仕事に対するモチベーションを高く保つことができ、成果を出すこともできます。結果的に仕事に対する満足度が高くなるのです。

逆に、安定経営を目指し、新しいビジネスには消極的な職場は合っていないでしょう。既存仕事をこなすばかり。職場の人間も安定思考の人が多く、話も合わないでしょう。

このような職場で仕事をしていても、モチベーションは下がるばかりで、成果を出すことは困難です。仕事に対する満足度は低くなるのです。

だからこそ、仕事、職場、一緒に働く人との相性は重要なのです。相性が悪いと、仕事がつまらなくなり不幸になるだけです。

良い人生を送りたいのであれば、転職して、相性の良い職場で働くべきなのです。

相性の良い職場を見つける方法

やりたい仕事を見つける
相性の良い職場とは、価値観の合う人と働ける職場です。

それを見極めるためには、自分がどんな価値観を持った人間なのかを把握することが大切です。以下の4つのポイントを考えると自分の価値観がわかり、相性の良い職場を見つけられます。

  • 興味のある業界は?
  • 年功序列制がいいのか、成果主義が良いのか?
  • 挑戦的な企業がいいのか、安定運営の企業がいいのか?
  • チームで仕事を進めていく職場が良いのか、1人で黙々と仕事を進めていく職場がいいのか?

興味のある業界は?

まず、興味がある業界を選ぶことは大切です。

例えば映画に興味がある場合、映画に関連するビジネスを行う企業を選ぶのです。なぜなら、働く人も映画好きの人が多く、話や価値観が合う可能性が高いからです。つまり相性が良い人が多い可能性が高いのです。

仕事の内容はどうであれば、職場の人と話が合えば、仕事に対してある程度満足できる人もいます。あなたがそのタイプであるならば、興味のある業界に転職することで、仕事に対する満足度も高くなるでしょう。

年功序列制がいいか、成果主義がいいか?

年功序列制と成果主義の企業では、価値観が大きく異なります。

年功序列制の企業では、成果よりも、大きなミスを起こさず長く働き続けることを重要視するため、仕事に対して消極的な社員が多くいます。

逆に成果主義では、仕事に対して積極的な人が多くいます。しかし、成果を重視するため、他の社員に協力的でなかったり、ギスギスした雰囲気があったりする場合もあります。

どちらの職場が自分に合っているのかを考えてみましょう。

挑戦的な企業がいいのか、安定運営の企業がいいのか?

新しいビジネスにどんどん挑戦していく企業と、既存のビジネスを安定的に運営していく企業では、そこで働く人の価値観は大きく変わります。

新しいビジネスにどんどん挑戦していく企業では、当然、仕事に対して積極的な社員が多いでしょう。そういった人たちと一緒に働きたいのであれば、新しいビジネスに挑戦していく企業と相性が良いということになります。

逆に、既存のビジネスを安定的に運営していく企業では、とにかくミスをしないで、既存ビジネスを今までどおりに運営していくことが求められます。そのため安定志向の人が多く、仕事に対しては消極的でしょう。

チームで仕事を進めていく職場が良いのか、1人で黙々と仕事を進めていく職場がいいのか?

チームを組んで、一つの仕事をやり遂げるのが好きなのか、1人で仕事を進めていくのが好きなのか、どちらのタイプかを考えてまみましょう。

チームで仕事を進めていく場合は、仕事を終えた時の達成感は大きいでしょう。しかしチーム全体の仕事具合にも気を配ったり、足を引っ張るメンバーの対処をしなければいけない時もあります。

1人で仕事を進めていく場合、気楽に仕事を進められるかもしれませんが、仕事の成果はすべて自己責任です。

どちらの方が自分に合っているのか、考えてみましょう。

転職エージェントを利用すると、応募書類の添削や面接対策をしてくれたり、企業に推薦してくれたりします。

例えば、転職理由が職場の人間関係である場合、どのように転職理由を伝えた方がいいのか、どんな転職理由にした方がいいのかを教えてくれます。

転職サイトだけじゃない!求人を探せる転職支援サービスを徹底紹介

求人探しをする際、まず思いつくものと言えば、転職サイトです。しかし、他にも求人探しに利用できる転職者向けサイトやサービスはたくさんあります。 本ページでは、それらのサイトやサービスを一括で紹介します。 ...

続きを見る

人気記事

1

転職エージェントを使うと、 キャリアプランニング(どんな職種、どんな企業に転職するか) 転職相談 求人紹介 履歴書・職務経歴書の添削 面接対策 企業との連絡代行 入社後フォロー こちらのようにあらゆる ...

2

このページでは、まず転職エージェントとは何か、ついて紹介します。その後に、女性の転職に強いおすすめの転職エージェントを厳選して5社、各社の特徴とともに紹介します。 転職支援を受けられる転職エージェント ...

-自己分析, 転職活動準備
-

Copyright© 女性の転職・仕事情報サイト【女性転職Navi】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.