仕事を知る

証券アナリストの仕事内容と転職する方法

更新日:

証券アナリスト

証券アナリストの仕事内容

証券アナリストは投資家と企業の間で、投資情報を提供したり、運用に携わったりといった仕事をこなす、いわば金融のプロです。

金融や経済動向、産業界の動向、各国の政治動向、企業の財務状況などを収集・分析し、投資判断を行います。証券アナリストが必要とされる現場は、主に証券会社や銀行、信託銀行、保険会社などです。他には、一般企業の財務・IR部門などにも活躍の場はあります。

為替や金利、政治動向など、分析する範囲がかなり広いため、常に国際情勢に注目し、経済の流れを把握することが必須の仕事であるため、調査や分析が苦にならない人に向いている仕事です。

女性にもチャンスのある仕事

最近では、証券市場の拡大もあり、証券アナリストに対する注目も高まってきています。理系的な側面もあり、男性的なイメージが強い職業ですが、女性を登用も積極的に行われています。そのため女性でもチャンスのある仕事です。

証券アナリストは高収入でかつ安定している

平均年収は700万程度と高額です。またフリーのアナリストとしてさらに高収入を目指すことも可能です。金融自由化により、外国資本がどんどん流れてくる昨今、証券アナリストに対する需要は増加しています。

職業としては安定しているでしょう。ただし、結果が求められる仕事です。外資系企業では、結果が出せなければ容赦なく切られることを覚悟しておかなければいけません。

証券アナリストに向いている人

経済や金融、世界情勢に興味を持っていること、ある程度の金融の専門知識は必須です。また情報の変化に対応できる柔軟な判断力や論理的な思考力を持った人が向いている仕事です。

必要な資格

資格がなくても証券アナリストになることはできます。

資格としてあるのは、日本証券アナリスト協会の証券アナリストCMA資格があります。難易度が高く、取得までの期間が長い資格です。しかも証券分析を業務が必須であるため、全くの未経験者が取得できる資格ではありません。

しかし、信頼度のある資格で、持っていると収入アップなどを期待できます。

証券アナリスト資格の取得方法

日本証券アナリスト協会が実施する通信講座・第1次レベルを受講

第1次レベル試験を受けて合格する

第1次レベル試験合格者は「職業行為基準講習」の修了認定を受けると、日本証券アナリスト協会の検定会員候補(CCMA)に登録できる

通信講座・第2次レベル受講

第2次レベル試験に合格

3年以上の証券分析業務の実務経験があれば日本証券アナリスト協会の検定会員として登録できる

証券アナリストCMAとして活躍

資格の詳細は公益社団法人日本証券アナリスト協会のホームページをご覧いただければと思います。
https://www.saa.or.jp/index.html

人気記事

1

転職エージェントを使うと、 キャリアプランニング(どんな職種、どんな企業に転職するか) 転職相談 求人紹介 履歴書・職務経歴書の添削 面接対策 企業との連絡代行 入社後フォロー こちらのようにあらゆる ...

2

このページでは、まず転職エージェントとは何か、ついて紹介します。その後に、女性の転職に強いおすすめの転職エージェントを厳選して5社、各社の特徴とともに紹介します。 転職支援を受けられる転職エージェント ...

-仕事を知る
-

Copyright© 女性の転職・仕事情報サイト【女性転職Navi】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.