退職する

退職はいつ・誰に伝える? 退職する際に注意したいこと

更新日:

退職届

退職はいつ・誰に伝える? 退職を伝える時の注意点

退職意思は2ヶ月前に口頭で伝える

仕事の状況や次の会社の入社日の関係にもよりますが、退職意思は2ヶ月前に伝えるといいでしょう。

法律では、退職意思を伝えるのは2週間前とされています。

しかし会社の就業規定に「○日前に伝える」と記載されている場合がほとんどですので、事前に就業規定は確認しておきましょう。

また、メールで伝えるのはNGです。必ず直接会って、口頭で伝えるようにしましょう。

直属の上司に伝える

まずは直属の上司に口頭で退職意思を伝えます。直属の上司を超えて幹部や社長や人事部に伝えると、上司の立場を悪くしてしまいます。

そうなると引き継ぎなどに影響が出る可能性もあります。

ドラマなどでは、いきなり社長に辞表を提出するシーンなどがありますが、マナー違反ですので、絶対にしないようにしましょう。

退職届は退職日が決まってから提出する

「退職届」を提出するのは、退職日が決まってからです。

順番としては、以下のようになります。

【退職意思を口頭で伝える】⇒【退職日を決める】⇒【退職届を提出する】

退職届のサンプル

退職届サンプル

退職届サンプル

退職届・退職願・辞表の違い

【退職願】は「退職したいです」という意志を伝える書類で、提出した後でも撤回できるとされています。

【退職届】は「退職します」と申告する書類で、提出したら撤回できないとされています。

【辞表】は会社の役員や公務員などが退職する時に提出する書類です。

転職による退職であれば、撤回する可能性はないと思いますので、「退職届」を提出すればいいでしょう。

また、「退職願」は提出後でも撤回できるとされていますが、会社側が決めることですので、あまり期待はできません。

同僚に伝えるのは上司から公表されてから

親しい同僚にこっそり伝える程度なら問題ありませんが、基本的には上司から発表してもらうようにしましょう。仕事に支障が出る可能性があります。

また、同僚の大半が退職のことを知っているのに、上司が退職のことを知らないという辞退は絶対に避けるようにしましょう。人伝で退職の話しが上司の耳に届いてしまうと、仕事に影響がでますし、上司の立場も悪くなってしまいます。

引き継ぎの注意点

引き継ぎをきちんと行うのは円満退職の秘訣です。

引き継ぎをいい加減に済ませてしまうと、会社や後任に迷惑をかけてしまいます。また、対処後も前の会社から連絡を受けるなどして面倒なことになります。

また、引き継ぎの際は以下のポイントを重視しましょう。

  • 引き継ぎぎスケジュールを立てる
  • 引き継ぎする業務をリストアップする
  • 引き継ぎの優先順位を付けておく
  • 文章に残す

引き継ぎぎスケジュールを立てる

スケジュールを立てることは、スムーズに引き継ぎを行う上で重要です。

リストアップした引き継ぎ業務の所要時間や優先順位に応じて、計画を組むようにしましょう。

文章に残す

余裕があるなら書類やパソコンデータなど、書類に残しておけば、引き継ぎをきちんと行った証拠を残せるため、退職後にトラブルが起きた場合でも引き継ぎを行ったことを第三者に示すことができます。

また、何より次の担当者も理解しやすいです。

文章として残すのは、仕事のポイントやどういったトラブルが起こり得るのか、トラブルが起きた時の対処法などです。

退職時に会社から受け取るもの、会社に返却するもの

会社から受け取るもの

  • 離職票(雇用保険失業給付の際に必要。転職先が決まっている場合は不要)
  • 源泉徴収票(所得税の確定申告際に必要。年内に就職する場合は不要。)
  • 雇用保険被保険者証(失業給付の際に必要・転職する場合は、次の会社に提出する)
  • 年金手帳(転職先でも同じものを使用するため、必ず受け取る)

会社に返却するもの

  • 保険証
  • 名刺
  • 通勤定期券
  • 会社から貸し与えされていた事務用品、備品など
  • 会社経由で購入したもの(書籍、パソコン、スマホなど)
  • 会社所有で使っていた書類や資料、マニュアル
  • ロッカー、デスクの鍵

退職時にお菓子は渡すべきか?

必ずお菓子を渡さなければいけない、ということはありません。退職時にお菓子を渡すことが監修になっている職場であれば、用意した方が良いかもしれません。お菓子がなかったからといって、次の仕事に影響することはないので、無理に用意する必要はないでしょう。

渡す場合は、所属部署宛てに大きなお菓子を一つ用意しておけばいいと思います。

職場に配る定番のお菓子ランキングは、以下の記事で紹介されていますので、参考にしてみてください。
【職場で】みんなに配るオススメの定番お菓子プレゼント【挨拶に】

退職を引き留められた、退職を受理してくれない場合

上司が退職を認めてくれないブラック企業の場合もあると思います。

上司としっかり話し合って折り合いを付けるのが理想ですが、それも無理な場合は以下の対策を講じましょう。

  • 退職届に希望退職日、日付を明記し、コピーを取っておく
  • 退職届が正式に受理されたかどうか確認を取る。口頭だけでなく、メールでも確認を取り、「退職を届け出た」という証拠を残しておく
  • 直属の上司が応じない場合は、人事部や部門長に相談する

転職エージェントから退職のアドバイスをもらえる

転職エージェントを利用しているなら、担当のアドバイザーから退職のアドバイスをもらうことができます。

退職交渉や退職届の書き方など、詳しく教えてもらえるので、分からないこと、不安なことがある方は是非、相談してみてください。

また、これから転職活動を始めるという方は、いまから転職エージェントに登録することをおすすめします。退職に関するアドバイスだけでなく、履歴書・職務経歴書の添削や面接対策、非公開求人の紹介など、様々なサポートを受けられます。

以下のページでは転職エージェントを特徴別にまとめていますので、参考にしてみてください。
【厳選5社】女性の転職に強いおすすめ転職エージェント

人気記事

1

転職エージェントを使うと、 キャリアプランニング(どんな職種、どんな企業に転職するか) 転職相談 求人紹介 履歴書・職務経歴書の添削 面接対策 企業との連絡代行 入社後フォロー こちらのようにあらゆる ...

2

このページでは、まず転職エージェントとは何か、ついて紹介します。その後に、女性の転職に強いおすすめの転職エージェントを厳選して5社、各社の特徴とともに紹介します。 転職支援を受けられる転職エージェント ...

-退職する
-

Copyright© 女性の転職・仕事情報サイト【女性転職Navi】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.