転職活動準備

転職に適した時期、タイミングはいつか? 転職市場が活発になる時期とは?

投稿日:

転職時期を決める
転職サイトには、いつでも膨大な求人が掲載されていますが、時期によって、求人の増減があります。そこで、このページでは「求人が多くなる時期はいつなのか?」「転職に適した時期はいつなのか?」について解説しますので、転職活動を始める時期を決める上で参考にしていただければと思います。

ただし、時期に関係なく希望の求人があるなら、即、応募しましょう。今ある求人が明日にはなくなっている可能性もありますので、ベストな時期を考えている場合ではありません。

求人が多くなる【1月~3月】【5月~7月】【9月・10月】が狙い目

求人が多くなるは
【1月~3月】
【5月~7月】
【9月・10月】
です。
そのためこの時期が市場的に、転職に適した時期ということになります。

以下、各時期に特徴について解説します。

1月~3月は新年度の体制を整えるために採用が活発化

1月~3月は、新年度の体制を整えるための求人が多く出る時期で、中途採用市場が活発になります。この時期の求人は、4月入社を目的としており、同期が多い、というメリットもあります。

また、年度の採用予算を使い切るため、採用を急ぐ企業もあり、採用基準が緩くなる場合もあります。

5月~7月は新年度の事業計画に基づいた採用が活発化

5月~7月は新年度の事業計画が固まり、それに基づく採用活動が活発になる時期です。また6月はボーナスをもらって辞める人が続出する時期でもあります。

ただし、この時期の採用は、予定人数が埋まり次第採用打ち切りになる場合が多く、また、人数が埋まっていくにつれて採用基準も厳しくなる傾向にあります。

さらに「業務経験者」「第二新卒」「リーダー経験者」など、対象を絞って採用活動を行う企業が比較的に多いのも特徴です。

9月・10月は下半期の事業戦略に基づいた採用が活発化

9月、10月は、上半期を反省しつつ、下半期の事業戦略を立てる時期であり、それに伴って必要な人員を確保しようとする企業が多くなります。

ライバルが少なくなるのは4月、8月、12月

4月、8月、12月は求職者が減る時期です。

まず、4月は年度初めで何かと落ち着かない時期です。また、8月は夏休みであり、12月は年末を目前にしたあわただしい時期です。そのため転職活動をしようという人が比較的に少ない時期になるのです。

逆に、ゴールデンウイーク明け、お盆休み明けなどの大型連休明けは、ライバルが増える傾向にあります。連休中に転職対策、情報収集をして動き出す人が多くなるからです。

自分のタイミングを優先する

自分のタイミングを優先する
ここまで転職市場が活発になる時期などを紹介してきました。しかし最も優先すべきは自分のタイミングです。

求人が多い時期に転職活動をして、見事内定をもらえたとしても、繁忙期で退職交渉が上手くいかなければ全てが台無しになってしまいます。

まずは、現在の仕事の状況を考えた上で、退職時期を決定し、そこからが逆算して転職活動を始める時期を決めましょう。それが転職をするベストな時期なのです。

人気記事

1

転職エージェントを使うと、 キャリアプランニング(どんな職種、どんな企業に転職するか) 転職相談 求人紹介 履歴書・職務経歴書の添削 面接対策 企業との連絡代行 入社後フォロー こちらのようにあらゆる ...

2

このページでは、まず転職エージェントとは何か、ついて紹介します。その後に、女性の転職に強いおすすめの転職エージェントを厳選して5社、各社の特徴とともに紹介します。 転職支援を受けられる転職エージェント ...

-転職活動準備
-

Copyright© 女性の転職・仕事情報サイト【女性転職Navi】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.