転職活動準備

転職を成功させるために重要な5つの心構え

更新日:

女性の転職
自己PRや志望動機、転職理由をしっかりと考えることは、転職を成功させる上で重要です。

しかし、それらのテクニック以外にも、転職を成功させる上で重要なことがあります。

ここでは、転職を成功させる上で重要な心構えを紹介します。特別な対策など必要はありません。ただ、一読して、頭の片隅に置いた上で、転職活動に臨んでいただければと思います。

肩書にこだわらない

企業側は「最初はメンバーの一員として組織に馴染んでもらい、既存社員に認められた上で昇格させたい」と考えています。

それに対し、最初から肩書にこだわって転職活動をする人がいます。「前職では部長だった、課長だった」「だからそれ以下になるのは嫌」といったように、新しい会社でも同程度の肩書で採用されることを望むのです。

そういった人は企業側から
「肩書がないと仕事ができないのだろうか?」
「部下の立場、現場の意見を理解することも大切だと考えられないのだろうか?」

と疑問視されます。

結果的に企業からの評価は下がり、採用されないという事態になり、転職は失敗します。希望の会社から内定をもらい、転職を成功させたいのであれば、肩書にこだわらないことも大切です。

過去の成功体験にこだわりすぎない

面接で過去の成功体験や実績をアピールするのは大切です。しかし、アピールしすぎるのも問題です。

会社が変われば仕事の進め方、社員、リソースが異なります。そういった転職後の変化を想定せず、「これまでの成功体験は絶対に生かせる」と自信過剰になっていると、採用側に懸念を抱かれてしまいます。

適度に実績、成功体験をアピールするのは問題ありませんが、面接が単なる自慢大会にならないように注意しましょう。

現場で経験を積むことを拒まない

流通、小売り、外食、サービス業界など、BtoC企業によくあるケースで、例えば、本部スタッフなどのポジションに応募した人が、店舗に配属されることを拒む場合です。

企業側は、販売やサービスを現場で体験し、その経験を経営戦略に生かしてほしいと考えています。それにも関わらず、現場を知ろうとせず、いきなり本部に就きたいと希望する人に対して、企業側は疑念を抱きます。

「本当に店やサービスを良くしていこうという気持ちはあるのか?」
「企画やマーケティングなどの華やかな仕事に憧れているだけではないか?」

などと疑われるのです。当然、採用されることはありません。

自分の職務範囲外のことに挑戦しようとする姿勢を持つ

面接官に「○○の業務はできますか?」と聞かれた時に、「経験がないのでできません」「そのような仕事もするべきなのでしょうか?」などと回答してしまうケースです。

自分の職務範囲に線引きをしてしまい、業務の枠を超える気が全くないような人は、不採用になります。

仕事を完璧にこなすのは切です。しかし、仕事を頼んだ時に「その仕事はできません」と即答するような社員は会社に必要ありません。少なくとも「できるかわかりませんが、挑戦してみます」といった、自分の能力を積極的に高める姿勢が無ければいけません。

新しい会社ではこれまでの肩書、実績はすべて忘れる

転職先で「前の会社では○○だった」と、仕事の進め方にケチをつける人がいますが、これは転職で失敗する人の良い例です。このような発言をしてしまうと、周りの社員から煙たがられ、仕事もうまくいかなくなってしまいます。

もちろんこれまで得てきた知識、経験を仕事に生かすのは大切です。しかし、会社が変われば仕事の進め方も人とのコミュニケーションの取り方も、すべてが変わります。

また、今ままで得てきた評価、実績もゼロからのスタートになります。

新しい会社では、これまでの肩書や実績、得てきたものをすべて手放すぐらいの覚悟で臨みましょう。これが転職を成功させるための秘訣です。

人気記事

1

転職エージェントを使うと、 キャリアプランニング(どんな職種、どんな企業に転職するか) 転職相談 求人紹介 履歴書・職務経歴書の添削 面接対策 企業との連絡代行 入社後フォロー こちらのようにあらゆる ...

2

このページでは、まず転職エージェントとは何か、ついて紹介します。その後に、女性の転職に強いおすすめの転職エージェントを厳選して5社、各社の特徴とともに紹介します。 転職支援を受けられる転職エージェント ...

-転職活動準備
-

Copyright© 女性の転職・仕事情報サイト【女性転職Navi】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.