転職活動準備

転職しようか迷っている……誰に相談するべき?

投稿日:

転職で悩む
「転職しようか悩んでいる。誰かに相談したい」といったように、今の仕事や転職について悩み、不安、疑問があり誰かの意見が欲しい時、誰に相談するのがベストなのでしょうか。

結論を先に言うなら、他社に勤めている友人、家族、転職エージェントに相談するのがベストです。

逆に会社の同期、仲の良い先輩、上司には絶対に相談するべきではありません。

その理由について詳しく解説していきます。

会社の同期、仲の良い先輩、上司に転職の相談はしない

転職の相談をする
苦楽を共にしてきた同期であっても、信頼できる先輩であっても、同じ会社の人に転職・退職について相談をするべきではありません。

なぜなら人事評価に影響するからです。

どれだけ信頼できる同期であっても、あなたが「転職しようか悩んでいる」と相談すれば、そのことは上司の耳に届きます。例えば、仲の良い先輩との飲みの席で、その同期が勢いで、「転職するらしいですよ」と漏らしたとします。すると、先輩の口から他の先輩へと伝わり、最終的には上司の耳に届くことになるのです。

いやいや、そんな口の軽い同期じゃない、と思うかもしれませんが人は意外と口が軽いものです。特にお酒が入っている時はいとも簡単にしゃべってしまうものです。

退職意思がある社員は評価されない

仕事で悩む女性
あなたが転職しようか迷っていることを、人伝にきいた上司はこう考えます。

「あいつ転職するのか。じゃあ次の仕事は他の人に回そう」と。

上司は辞める可能性が高い社員にわざわざ新しい仕事を任せるようなことはしません。誰でもできるような簡単な仕事、ルーティンワークしか任せてもらえなくなるでしょう。

性格の悪い上司であれば、あなたに接する態度も変えるかもしれません。

退職する意思が既に固まっているのであれば、人事評価がどうなっても関係ないでしょう。しかし、転職するかどうか悩んでいる段階で人事評価にマイナスの影響が出るのは致命的です。現職に残ることを決断した場合、待遇が悪くなることを覚悟してしなければいけません。

同じ会社の人間には相談しない

信頼できる先輩に相談する場合や上司に直接相談する場合であっても同様です。少しでも退職意思があることを悟られれば、人事評価に影響することは間違いありません。

だからこそ、どれだけ信頼できる同期、先輩であっても同じ会社の人間に転職、退職について相談してはいけないのです。

同じ会社の人間には、退職意思が固まった時、退職の報告をするのみです。

相談するなら他社の友人、家族、転職エージェント

転職エージェント (2)_R
他社の友人や家族、転職エージェントであれば、どんなことを相談しようとも人事評価に影響することはありません。

特におすすめなのは、他社の友人と転職エージェントに相談することです。

他社の友人に相談して、他社の仕事の様子を聞く

友人に相談する
転職・退職の相談をするだけでなく、他社の仕事の様子や働き方、待遇などを詳しく聞いてみましょう。自分の会社、仕事を見つめ直す良い機会になります。

他社と比較して、今の仕事は良いのか、悪いのか。続けるべき仕事なのか、そうでないのかが分かるようになります。そして転職するべきか、しないか自信をもって決断できるようになるはずです。

転職エージェントに相談して、プロのアドバイスをもらう

もう一つおすすめしたいのが転職エージェントに相談することです。

転職エージェントはプロのキャリアアドバイザーがマンツーマンで転職をサポートしてくれるサービスです。例えば、転職の相談ができたり、非公開求人の紹介、面接対策、職務経歴書の添削などをしてくれたりします。

キャリアアドバイザーは転職市場に精通し、これまで何人もの転職活動をサポートしてきた転職のプロです。この人に相談すれば、本当に転職するべきかどうか、より具体的で的確な回答を出してくれます。

転職エージェントは「転職するな」とアドバイスする場合もある

「転職エージェントに相談したら、どうせ転職しろと言われるだけ」と、疑っている人もいると思いますが、転職エージェントは、誰にでも「転職しろ」というわけではありません。

確かに転職エージェントは、求職者を転職させることで収入を得ています。

しかし仮に、転職するべきではない人を無理矢理転職させ、その人が「やっぱり合わない」ということで、短期で退職してしまうと、転職エージェントには報酬が入らない場合があります。

また、採用した企業からすれば「すぐに辞める人材を紹介した転職エージェント」ということで、転職エージェントやキャリアアドバイザーに悪評がつきます。

転職するべきではない人を無理矢理転職させても、長期的にみるとデメリットしかないのです。面談の結果「今は転職するべきではない」と判断すれば、求人紹介を断ることもあるのです。

つまり、転職エージェントに相談すれば、転職するべきか、今の会社の残るべきか、率直な意見を聞けるのです。

転職エージェントは、相談するためだけに利用してもOK

転職エージェントを利用したからといって、転職活動をしなければいけない、ということは全くありません。

「やっぱり今の会社に残ることにしました」といった終わりにすることも可能なのです。

つまり、相談するためだけに利用してもいいのです。もちろん利用料金がかかることはありません。

転職エージェントは、プロのアドバイスを無料で聞ける大変便利なサービスです。

「今の仕事が本当に向いているのか相談したい」
「今、転職活動を初めて、本当に転職先が見つかるのか相談したい」
「転職するべきかどうか相談したい」

など、どんな悩み不安でも相談できるので、使わない手はありません。

以下のページでは転職エージェントを特徴別にまとめて紹介しています。
女性の転職に強い転職エージェント【おすすめ5つ】

人気記事

1

転職エージェントを使うと、 キャリアプランニング(どんな職種、どんな企業に転職するか) 転職相談 求人紹介 履歴書・職務経歴書の添削 面接対策 企業との連絡代行 入社後フォロー こちらのようにあらゆる ...

2

このページでは、まず転職エージェントとは何か、ついて紹介します。その後に、女性の転職に強いおすすめの転職エージェントを厳選して5社、各社の特徴とともに紹介します。 転職支援を受けられる転職エージェント ...

-転職活動準備
-

Copyright© 女性の転職・仕事情報サイト【女性転職Navi】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.