転職活動準備

転職スケジュールの立て方、注意点やポイントを解説

更新日:

転職活動のスケジュールを立てる
このページでは転職活動のスケジュールを立てる方法やコツなどを紹介します。

働きながら転職活動をする場合、転職活動のスケジュールを立てるのは重要です。

仕事の引継ぎや退職日はしっかりと決めておかないと、現職に迷惑をかけてしまいます。また、企業研究や応募書類の作成、面接対策のなど時間が十分に取れなければ、転職活動をうまくいきません。

ここで紹介するスケジュールを立てるコツを参考に、転職活動を進めていただければと思います。

転職スケジュールの立て方

一般的に、転職活動に要する期間は三か月~半年と言われています。これは求人情報を集め始めてから、次の会社に転職するまでの期間です。

引き継ぎに要する期間を考えた上で退職しやすいタイミングを見極め、そこから逆算して転職活動のスケジュールを立てるようにしましょう。

退職日を10月と決めたなら、そこから逆算して以下のようにスケジュールを立てましょう。

  • 8月:求人情報収集・応募書類の作成・応募
  • 9月:面接・退職届の提出・退職日の決定
  • 9月下旬:引継ぎ
  • 10月:面接
  • 10月下旬:退職
  • 11月:入社

面接や内定、入社などは前後する可能性があるので、具体的な日付まで決める必要はありません。あくまで目安といった形で作成しましょう。

転職活動が長引く可能性も考慮する

予想していたよりも転職活動が長引く可能性がある、ということも覚悟しておきましょう。

例えば、応募者が多く選考に時間がかかる場合や、面接日程の調整の上手くいかない場合、退職交渉、引継ぎがスムーズにいかない場合など、不確定要素は多分にあります。

そのため、スケジュールにはある程度余裕を持たせること。そしてスケジュールを通りいかなくても焦らないことが大切です。焦りから妥協して企業を選んでしまえば満足のいく転職はできません。

退職しやすいタイミングはいつか?

退職しづらいのは以下のタイミングです。

  • 繁忙期
  • お盆、正月など、休暇があり人手不足になる月
  • プロジェクトの最中

また、自身の仕事によって退職しづらいタイミングがあると思います。それらの月を除いた月が退職しやすいタイミングということになります。

ただし、「今は人が足りてないから」「仕事を任せられる人がいないから」などあれこれ考えすぎて、退職日を決められなくなってしまっては、転職できません。

基本的に企業は、社員が一人二人、急に辞めても仕事が回るよう体制を整えています。あまり会社の都合は気にせず、思い切って退職日を決めてしまうことをおすすめします。

退職交渉が難航してダラダラ現職を続けてしまう、ということだけはないようにしましょう。

応募企業の決定はスピーディーに!

大手企業や人気企業、人気の職種、条件のいい求人などは、出るとすぐに応募者が殺到し、応募が締め切られる場合があります。

さっき転職サイトで見た求人が、明日もあるとは限りません。

応募するか否かをじっくり検討していたり、応募書類の作成に時間がかかってしまっては、せっかくのチャンスを逃す可能性があります。希望条件に合った企業を見つけたら、応募するかどうかはスピーディーに決断しなければいけません。

求人検索、企業研究と並行して、応募書類の作成も進めるようにしましょう。

じっくり検討したいなら転職エージェントを利用する

応募が殺到して、すぐに締め切られる可能性があるのは、求人が一般公開されている転職サイトに限ります。

転職エージェントを利用した場合であれば、求人のほとんどの非公開で、応募できるのも一部の求職者だけです。そのため、ある程度、余裕を持って応募するかどうかを検討できます。

その他にも面接日程の調整、応募書類の添削、面接対策、入社日の調整、転職の相談など、様々なサポートを受けられるので、転職活動を効率的に進めたい方は、転職エージェントを利用しましょう。

人気記事

1

転職エージェントを使うと、 キャリアプランニング(どんな職種、どんな企業に転職するか) 転職相談 求人紹介 履歴書・職務経歴書の添削 面接対策 企業との連絡代行 入社後フォロー こちらのようにあらゆる ...

2

このページでは、まず転職エージェントとは何か、ついて紹介します。その後に、女性の転職に強いおすすめの転職エージェントを厳選して5社、各社の特徴とともに紹介します。 転職支援を受けられる転職エージェント ...

-転職活動準備
-

Copyright© 女性の転職・仕事情報サイト【女性転職Navi】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.