転職活動準備

転職活動は退職してから? 仕事を続けながら? 各メリット・デメリットを徹底解説

更新日:

転職活動
転職活動は退職してから始めるか。それとも在職中に始めるか。

迷う人もいると思います。そこでこのページでは退職後に転職活動を行う場合にメリット・デメリット、在職中に転職活動を行う場合のメリット・デメリットを具体的に解説します。

退職してから転職活動を行う場合のメリット

転職活動に集中できる

仕事がないので、転職活動に思う存分時間を割くことができます。企業研究、応募書類の用意、面接対策を入念にできるため、準備不足による失敗を防ぐことができます。

時間に融通が利くので多くの企業へ応募できる

仕事がないので、どのような時間帯でも面接に対応できます。例えば1日に2社面接の予定を入れることも可能なのです。

在職中であれば1日に1社程度でしょう。しかも仕事の状況によっては面接時間を変更しなければいけないこともあります。そういったことがないので、多くの企業に応募することができます。

自己啓発の時間が作れる

在職中であれば、転職活動と自己啓発を同時に行うことは不可能です。しかし、離職中であれば、転職活動を進めると同時に、資格取得やスキルアップに時間を割くことができます。

応募条件を多少満たしていない求人であっても、自己啓発によってスキル・資格を習得中であることをアピールできます。未経験業界、未経験職種に挑戦する人には、大きなメリットになるでしょう。

退職してから転職活動を行う場合のデメリット

転職活動が長引くと経済的、精神的余裕がなくなる

退職後、すぐに転職先が決まれば良いのですが、長引くと経済的に追い込まれていくことになり、経済的に困窮し始めると精神的にも余裕がなくなります。最悪の場合、「もう入社できればどこでもいい」となってしまい転職先に妥協する可能性があるのです。妥協しても後悔する可能性もあります。

私も過去に退職してから転職活動を始めたことがありますが、その時は、なかなか内定をもらえず貯金は底をつき、かなり焦りました。しかし「妥協してしまっては転職活動が始めた意味がない!」と思い直し、希望の企業から内定をもらえるまで、粘り強く転職活動を行いました。ちなみにその時は実家に戻り、親を頼ることで転職活動に集中することにしました。

やはり妥協してしまっては転職する意味がありません。経済的に困った時は、親を頼るなどして転職活動に集中できる環境を維持することが大切です。転職が成功した時に恩返しをすればいいだけの話です。

長期のブランクができると選考で不利になる

3ヶ月以上離職期間があると、ブランクと受け取られます。面接ではその間、何をしていたのかを聞かれることになります。「資格取得に向けて勉強していた」「親の介護があった」「育児をしていた」などの理由であれば、面接官も納得してくれるでしょう。

しかし単に「転職活動をしていました。なかなか内定をもらえなくて……」といった場合だと、「この人は何か問題があるから、どこの企業からも採用されないのではないか?」「働く気がないのではないか?」などと余計な疑いを持たれる可能性があります。

また、採用担当者によっては、現役で働いている人を臨む人もいます。そういった人が面接官の場合、ブランクがある時点で、ネガティブな評価を下す場合もあります。

もちろん、焦って企業選びに妥協することだけは絶対にしてはいけません。しかし、できるだけ離職期間が長くならないようにする必要があります。なかなか内定が出ない場合は、転職エージェントに相談してみる、転職エージェントを既に利用している場合は、転職エージェントを変えてみるなど、対策を講じると良いでしょう。

※参考
【厳選5社】女性の転職に強いおすすめ転職エージェント

仕事を続けながら転職活動を行う場合のメリット

生活面に不安がなく転職活動ができる

給料が毎月入ってくるので、転職活動が長引いても生活に困ることはありません。そのため焦って転職先を妥協して決めてしまうという事態を避けることができます。

転職活動における一番の失敗は妥協して転職先を決めてしまうことです。妥協して転職をすれば、次の会社でまた不満を抱えて転職を繰り返すだけです。短期の転職は繰り返せば繰り返す程、選考で不利になります。

せっかく時間をかけて転職活動を進めたのに、また同じ理由で転職を繰り返したのでは、元も子もありません。このような失敗を極力避けられるのは、在職中に転職活動を行う大きなメリットだといえます。

時間をかけて企業を選べる

収入があるので、経済的余裕、精神的余裕を持って転職活動を進めることができます。時間をかけてじっくり企業を選ぶこともできるので、妥協することもありません。

内定が出たからといって飛びつくこともなく、冷静な視点で、本当に転職するべき企業かどうかを見極めることができます。

現職に留まるという選択も可能

現職を続けるという選択も可能なので、「希望の企業が見つからなかった」「希望の企業から内定をもらえなかった」という場合でも、無理矢理転職先を探す必要はありません。

また「他の企業を見たら、自社の良さを実感できた」という場合、離職中であれば、元も会社に戻ることは不可能ですが、辞めていなければいつも通りに出勤するだけです。

最近よく耳にする「内定をもらった後、家族に相談したら転職を反対された」という予想外の事態が起きた時でも、対応できます。

「最悪の場合、現職に残れる」という精神的余裕があるのは、かなり大きなメリットです。

在職中の人の方が選考で評価される場合がある

前述しましたが、採用担当者の中には現役で働いている人を評価する人がいます。そのような人が面接官である場合、離職中よりも在職中である方が、若干プラスの評価を受けます。

仕事を続けながら転職活動を行う場合のデメリット

仕事が忙しい場合、転職活動に時間が割けない、面接日程の調整ができない

仕事が忙しくて、企業研究や履歴書・職務経歴書の用意、面接対策などに時間を割けない。面接に日程の調整ができない。結果、転職活動も上手くいかない、という失敗パターンは良くあることです。

仕事が忙しい場合は、転職エージェントを利用して、プロのアドバイザーにスケジュール調整をお願いする、面接対策をお願いするなどして効率的に転職活動をすることもできます。

例えば、転職エージェントの【パソナキャリア】では面接日程調整、入社日の調整は、全てキャリアアドバイザーが代行してくれます。また、履歴書・職務経歴書の添削や面接対策などをしてくれる他、希望に合った求人を探して紹介してくれるので、仕事が忙しくても効率的に転職活動ができます。

もしくは、退職してから転職活動をするのもありです。

準備不足のまま転職活動を続けても、なかなか内定をもらえず自信をなくすだけです。それにダラダラ転職活動が長引いてしまうのは効率的ではありませんので、何かしらの対策を講じて、転職活動を進められるようにしましょう。

生活に困らないため、本気にならない可能性がある

仕事も収入もあるので、離職中の人に比べ、転職活動に身が入らない場合があります。

ダラダラ転職活動を続けて、結局内定をもらえないのであれば、初めから転職活動などしないで、他のことの時間を費やした方が有意義な時間を送れます。

転職活動に身が入らないのは、そもそも本気で転職したいわけでもない、ということです。転職するべき明確な理由がないまま転職しても失敗するだけですので、転職活動に身が入らないのなら、転職活動の中止を選択するのもありです。

仕事を続けながら転職活動がおすすめ!

おすすめなのは、在職中に転職活動を行う方です。

在職中であれば経済的にも、精神的にも余裕を持ちながら転職活動ができ、また最悪の場合、現職に残るという選択もできます。

仕事が忙しくて転職活動をする時間がない、資格取得の時間を確保したいなどの場合は、先に退職するべきですが、そういった事情がないのであれば、仕事を続けながら転職活動をするのがおすすめです。

人気記事

1

転職エージェントを使うと、 キャリアプランニング(どんな職種、どんな企業に転職するか) 転職相談 求人紹介 履歴書・職務経歴書の添削 面接対策 企業との連絡代行 入社後フォロー こちらのようにあらゆる ...

2

このページでは、まず転職エージェントとは何か、ついて紹介します。その後に、女性の転職に強いおすすめの転職エージェントを厳選して5社、各社の特徴とともに紹介します。 転職支援を受けられる転職エージェント ...

-転職活動準備
-

Copyright© 女性の転職・仕事情報サイト【女性転職Navi】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.