仕事を知る 働き方

在宅ワーク・自宅開業で育児・家事と仕事を両立できる5つの仕事!

更新日:

在宅できる仕事
このページでは在宅できる仕事、自宅開業が可能な仕事を5つ紹介します。

なかには、特別なスキルがなくてもできる仕事があります。家事・育児、仕事を両立させるために在宅ワークを考えている方は、是非、参考にしていただければと思います。

WEBライター

WEBライター
WEBライターはWEBサイトの掲載する文章を執筆する仕事で、情報サイトやブログサイト、商品説明サイトなどに掲載する文章を書きます。

WEBライターの仕事をするには、WEB制作会社や広告会社に就職し、WEBライター、WEBライター兼編集者として就職するか、もしくはフリーのWEBライターとして、企業や個人の依頼に沿った記事を執筆します。

スマホの普及やインターネットの発達により、WEBサイトは日々その数を増やしています。そのためライターに対する需要はかなりあります。

フリーのWEBライターとして企業や個人から仕事を受注する場合は在宅ワークが可能となります。その場合、業務委託という形で、仕事をもらい、テーマに沿って記事を執筆します。収入は案件によって大きな差がありますが、自分のペースで、そして在宅で仕事ができるのは大きな魅力です。そのため、子育て中の女性が在宅WEBライターを始める人は増えている仕事でもあります。

収入は企業に就職する場合であれば、一般的な会社員と同程度です。在宅でフリーのWEBライターであれば、案件の大小によって収入は、数千円から数万円まで様々です。

必要な知識・スキル

必要な資格はありません。ただし、単に綺麗な文章を書けばいいわけではなく、読者を惹きつけるような文章が求められたり、専門知識を必要とする文章を求められたりする場合もあります。

このように特別なスキル、知識を求められる場合もありますが、大体は、ある程度の文章力とある程度のタイピング速度があればできる仕事です。そのため企業にライターとして就職する場合であっても、フリーで仕事をする場合であっても未経験からできる場合があります。

WEBライターになる方法と仕事・求人を見つける方法

企業に就職してWEBライターの仕事をする場合、編集者や構成などを兼任するケースがほとんどです。求人に関しては、以下のような求人サイトで探すことができます。

またフリーの在宅WEBライターとして収入を得る場合、在宅ライター募集サイトで仕事を見つけることができます。

在宅WEBライターとして仕事を受ける場合は、報酬は一記事いくら、といたように記事単位で設定されている場合と、一文字いくらといったように文字単位で設定されている場合があります。

発注先はWEBメディアを運営する企業や個人など多種多様で、ほとんどは設定されたテーマに沿って指定の文字数で記事を書くといった形になります。やればやるだけ稼げる仕事なので、簡単なアルバイトよりも稼げる場合もあります。

イラストレーター

イラストレーター
雑誌、新聞、広告、WEBサイトの挿絵や説明図などを描く人をイラストレーターと呼びます。

イラストレーターは、雑誌、新聞、広告などメディアを運営している会社に依頼されてイラストを描く人と、自分の作品を売ったり、自分の名前でイラスト集を売ったりする人がいます。また、その両方を行っている人もいます。

職場としては広告代理店やデザイン事務などの勤務する場合もありますが、在宅ワークを認めている企業も多くあります。

また、フリーで仕事を受注して稼ぐことや、クラウドソーシングサイトを利用して案件を探せば、受注先を探さずに仕事を見つけることができ、収入を得ることができます。

フリーになれば在宅で仕事ができるだけでなく、仕事のペースでも自分で決めることができるので、家事、育児との両立にとても適した仕事です。

必要な知識・スキル

最近では、コンピューターを使ったイラストが主流です。そのため「illustrator」「photoshop」など、画像加工ソフトを使える必要があります。これらのソフトの使い方に関しては、参考書がたくさん出ており、独学でも十分に知識を学ぶことができます。

その他、絵を描くのが好きで、色彩感覚や構成力に優れていることは当然ですが、時代にマッチした感覚も求められます。

イラストレーターの仕事、求人を見つける方法

イラストレーターになるために必要な資格は存在しません。学歴なども関係なく、スキル一本で稼ぐ仕事です。スキルを身につけるためには、専門学校に通学する、もしくは参考書を購入して独学で勉強するなどの方法があります。

企業に就職してイラストレーターとして活躍する場合であれば、専門学校などを出ている方が有利になるでしょう。

在宅でフリーランスとして収入を得るのであれば、企業から案件を受注する、もしくはクラウドソーシングを利用して、案件を探すことでイラストレーターの仕事ができます。

企業からある程度大規模な案件を受注する場合、ある程度のスキルと経験が必要になるので、過去の成果物をまとめたポートフォリオの提出を求められる場合があります。また実務経験を問われる場合があるので、全くの未経験者だと若干ハードルは高いかもしれません。

企業からの大きな案件を探す場合は、「レバテックフリーランス」こちらのサイトで見つけることができます。

また、クラウドソーシングを利用して比較的小規模な案件を受注して稼ぐこともできます。一つの成果物に対して報酬が支払われる形式が多く、数千円から数十万円まで、報酬の幅があります。

イラスト作成の仕事を探せる代表的なクラウドソーシングは以下の二つです。

上記サイトでは、自身のレベルに合った仕事を探せる他、自分のペースで仕事ができるので、在宅ワークにはかなりおすすめです。

WEBデザイナー

WEBデザイナー
WEBサイトを作成するための言語であるHTMLやWEBサイトを装飾するための言語であるCSS、その他、WEBサイトを作成するソフトなどを使い、WEBサイトを作成していく仕事です。

また、文章、写真、イラストなどを組み合わせて構成する作業なども場合によってはあります。

企業のWEB事業部門や、WEB制作会社、デザイン事務所など活躍の場は多方面にあります。また、在宅ワークを許可している企業が多いのも特徴です。

フリーランスとして企業から仕事を受注したり、クラウドソーシングを利用して仕事を探すこともできます。仕事の量の調整が容易にでき、在宅ワークも可能なので、育児、家事の両立に適した仕事です。

必要な知識・スキル

まず、WEBサイトを構成するために必要な言語である、HTML、CSSの知識は必須です。その他、企業によっては、プログラミング言語の一つであるJavascriptやPHPといった言語の知識が求められる場合もあります。

これらの知識は専門学校などで学べる他、参考書がたくさん出ており、独学でも十分に学ぶことができます。ただし、企業に就職する場合には、実務経験やそれに相当するスキルがないと採用されない場合がほとんどです。

フリーランスでWEBデザイナーの仕事をする場合は、受注する案件によって求められるスキルレベルが異なります。HTML、CSSの基礎だけでも大丈夫な場合もあれば、実務経験を伴ったスキルが必要となる場合もあります。

WEBデザイナーの仕事、求人を見つける方法

必要な資格はありませんし、学歴なども関係なく、スキル一本で稼ぐ仕事です。スキルを身につけるためには、専門学校に通学する、もしくは参考書を購入して独学で勉強するなどの方法があります。

企業に就職する場合であれば、ある程度のスキル、経験が求められます。

求人に関しては以下のような、一般的な転職サイトで見つけることができます。

在宅でフリーランスとして収入を得るのであれば、企業から案件を受注する、もしくはクラウドソーシングを利用して、案件を探すことができます。

企業からの大きな案件を探す場合は、レバテックフリーランスで見つけることができます。

また、クラウドソーシングを利用して比較的小規模な案件を受注して稼ぐこともできます。一つの成果物に対して報酬が支払われる形式が多く、数千円から数十万円まで、報酬の幅があります。

仕事を探せる代表的なクラウドソーシングは以下の二つです。

上記サイトでは、自身のレベルに合った仕事を探せる他、自分のペースで仕事ができるので、在宅ワークにはかなりおすすめです。

ネイリスト

ネイリスト
ネイルを美しく、健康に保ち、お客様の注文に応じてデザインする仕事です。爪の手入れやネイルアートだけでなく、2枚爪などのトラブル解決や人工爪による爪の整形なども行います。

ネイリストの活躍の場としては、ネイルサロンや美容室、エステティックサロン、結婚式場などになります。また経験を積めばスクールの講師になったり、独立してサロンを持つこと、自宅をサロンとして開業することも可能です。

ネイリストになるには、専門のスクールに通うのが一般的ですが、夜間も実施している場合が多く、OLや主婦が挑戦するケースが増えています。その他、直接サロンに入って、技術を学ぶ人もいますが少数です。

収入はアルバイトだと、時給850円~1200円が相場です。社員であれば、年収300万円前後が相場です。ただしカリスマネイリストになれば年収1000万円を稼ぐことも可能です。また独立すれば、さらなる収入を目指せる場合もあります。

必要な知識・スキル

必要な資格はありませんが、爪という小さなパーツにデザインを施したりする仕事なので、手先に器用さと技術は必須です。

また、コミュニケーション能力も重要です。施術をする30分から1時間の間はお客様と1対1になります。この間、上手く話を引き出し、相手をリラックスさせることで、リピーターになってくれる可能性が高まります。この点は美容師と同じです。

ネイリストになるために通信講座は以下で受講することができます。

ケイコとマナブ.net

ネイリストになる方法と仕事・求人を見つける方法

前述しましたが、ネイリストになるには、スクールで技術を身につけるのが一般的です。求人によっては未経験でも就職できる場合があるので、未経験の方は求人サイトをくまなく探してみましょう。

求人に関しては、女性を対象とした求人サイトで見つけることができます。以下の3つが代表的な女性向け求人サイトです。

他にも「ネイリスト 求人」で検索すると、ネイリストの求人が掲載されたサイトを見つけることができます。

保育ママ

(保育ママ)ベビーシッター

「保育ママ」は自宅型保育園のようなもので、自宅で子供を、有料で預かり面倒を見る仕事です。

【保育ママとは?】
仕事などで保育ができない保護者に代わり、主に3歳未満の子どもを自宅で有料で預かる保育者あるいは保育施設の総称です。家庭福祉員、家庭的保育者とも呼ばれます。平成22年4月の児童福祉法の改正に伴い、家庭的保育事業として法定化されました。

※保育のお仕事

「保育ママ」は自治体によって、できる地域とできない地域があるので開業する場合は、自治体に確認しましょう。また今後、法整備によって「保育ママ」ができる地域が広がったり、資格が必要になったりする可能性もあります。

必要な知識・スキル

自治体によって開業要件が設定されています。例えば、保育士、幼稚園教諭経験者、育児経験者といった条件などです。これは各自治体に確認する必要があります。

その他、幼児の食事や栄養、身の回りの世話や遊び方、急病やケガの時の応急手当などを心得ている必要はあります。

人気記事

1

転職エージェントを使うと、 キャリアプランニング(どんな職種、どんな企業に転職するか) 転職相談 求人紹介 履歴書・職務経歴書の添削 面接対策 企業との連絡代行 入社後フォロー こちらのようにあらゆる ...

2

このページでは、まず転職エージェントとは何か、ついて紹介します。その後に、女性の転職に強いおすすめの転職エージェントを厳選して5社、各社の特徴とともに紹介します。 転職支援を受けられる転職エージェント ...

-仕事を知る, 働き方
-,

Copyright© 女性の転職・仕事情報サイト【女性転職Navi】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.